ビットコイン(BTC/JPY)の分析ー2017年7月21日

ビットコイン相場は急騰の動きになっています。
前日まではガラッと様相が変わってしまいました。

スポンサーリンク

重要なお達し

いつもの分析の前に今日は、国内ビットコイン取引大手のビットポイントより、超重要なお達しが出ていましたのでそれを転載します。

1.723日に生じるソフトフォークへの対応

723日(日)より最大1MBに制限されているビットコインのブロックの「segwit2x(圧縮処理)」の有効化に向けたソフトフォークが実施されることから、723日(日)16時から、ソフトフォーク後のサービスの安定稼働が確認されるまでの間、ビットコインの送付(送金)並びに預入(受金)のサービスを停止させていただきます。

 

[ご利用いただけないサービス]

①ビットコインの送付(送金)並びに預入(受金)

②店舗決済サービス

 

※イーサリアムの全サービス及びビットコインの現物取引、レバレッジ取引、ビットポイントFX取引は通常どおりご利用いただけます。

 

[サービスの停止期間]

723日(日)16時から、ソフトフォーク後のサービスの安定稼働が確認される迄

 

※当該ソフトフォークが上記日時よりも早まる可能性が高まった場合には、受付停止日時を繰り上げる場合があります。

※サービスの再開は、725日(火)16時を予定しておりますが、安定稼働の確認状況により、サービス再開時間を延長する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。なお、正式なサービス再開日時は、別途、当社ホームページ上でご案内させていただきます。

引用元[Bit Point社サイト 8月1日に予期されるビットコイン分岐に向けた対応について(続報)

このように7月23日(日)より送金と預金が制限されます。
この事は少なからず現物取引やレバレッジ取引にも回り回って影響が出てくると思われます。
つまり裏を返せば通常のトレードとは異なる場の状態であると考えた方が良いですね。

もちろんBit Point社を初め関係各所は最善を尽くされると思いますが、それは別として、いつも以上に不安定で不確定要素が多い状態がしばらく続くと思われます。

昨日からの暴騰を見て、買いたくなる心理は分からないでもないです。

乗り遅れてしまう!って気分になりがちなんですよね(・_・)

でも私の考えはこういう時はトレードはお休みにしてまた8月に入って落ち着いてから取り組んだ方が良いのではないかと思います。

※チャートの分析そのものは訓練にもなりますし、習慣化して続けていきます。

BTC/JPY 2017年7月21日(金)の分析

ビットコイン チャート分析・トレンド判断

※チャートは7月21日(金)19:30ごろのものです。

【15分足】

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド
オシレータ トレンドレス

【60分足】

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド
オシレータ 上昇トレンド

【4時間足】

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド
オシレータ トレンドレス

【日足】

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド
オシレータ 上昇トレンド(MAを割ったのは一時的なもので基本的にMAの上を保ち続けていると見なしました)

ビットコイン トレードのシナリオ

ビットコイン相場は急騰となり4時間足、日足で重要なPBで上昇トレンドに転換しました。

特に日足は数個前のピークまでまとめてごぼう抜きになっているので極めて上昇力が強いと思います。
普通こういう時は買っていけば良いんですが・・・

冒頭でも書きましたが、明日、明後日と近づくことで通常の取引が制限される事態になります。

ですので今の時期に無理して仕掛けることを私はおすすめできません(・_・)

どうしても買いたいなら超短期のデイトレードに絞って絶対に持ち越し玉を作らないというルールをどんな事があっても守るという前提の上で、

60分足が今は調整波動に入っているのでこの調整が完了後買い。

タイミングは60分足が25MAで下げ止まり反発した後15分足が下降トレンド→トレンドレス→上昇トレンドになるタイミングをブレイクで買うか、あるいは上昇トレンドになった後の初押しを待ってその後上に向かうタイミングで仕掛ける。

60分足の調整が25MAで終わらずまだ継続になってしまった場合はしばらく様子見して下げ止まったかな?と思ったら上記と同じ感じで15分足でタイミングを取って仕掛ける。

この戦法が一番良いかと思います。

ただ当分の間は何もせず見送りが一番良いと思います(・_・)