ビットコイン(BTC/JPY)の分析ー2017年8月21日

ビットコインはついに上昇が止まってしまいました。
しかし下に向かって崩れたわけでもありません。
今日は、この膠着からどちらに抜け出すのか考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

BTC/JPY 2017年8月21日(月)の分析

ビットコイン チャート分析・トレンド判断

※チャートは8月21日(月)18:45ごろのものです。

【15分足】

PB 高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
MA 下降トレンド
オシレータ 下降トレンド

【60分足】

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド
オシレータ 下降トレンド

【4時間足】

PB 高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
※PB図のボトムの位置と実際のボトムがずれてしまっています。正しい直近最安値は赤色水平線の価格です。
MA 上昇トレンド
オシレータ 上昇トレンド

【日足】

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド
オシレータ 上昇トレンド

ビットコイン トレードのシナリオ

ビットコインは現在三角持ち合いのような形になっていて、値動きが小さくなっています。

4時間足はピークボトム図がトレンドレス、そして何度か下降トレンド転換を試しているんですがその都度防いでいるような感じです。

まず、デイトレードとしては今は手を出さない方が良さそうな場面なのでしばらく様子見したいとおもいます。

この後の方針としては、4時間足で75MAに接触して上昇再開してボトムが確定すれば買いを考えていけそうです。
ただ、一度トレンドレスになってしまっているので、
今までのようなガンガン上がっていた時とは状況が変わってしまっています。
上昇再開しても上への動き出しがダマシで下降トレンド転換に向かう可能性も考えておいた方が良さそうです。なのでロスカットを徹底しておきたいですね。

逆に上がりきれずに下がってそのまま4時間足が下降トレンドになった場合は売りを考えます。
この場合持ち合いでエネルギーを溜めてから下への動きなので急落も考えられます。
下落の初期で売る決断をできるかどうかが利益に繋げられるかのポイントになりそうです。
下落が始まる→15分足の調整が入る→再下落のタイミングを見逃さないようにしたいと思います(・_・)