日経225先物 2017年11月27日のトレード

日通しの60分足は重要なPBで上昇トレンドに転換。また買いを考えていく展開になりました(・_・)

スポンサーリンク

今考えていること

今日はシナリオの前に現時点考えていることを忘備録で書いておこうと思います。興味ない人は飛ばしてください(_ _;)

ドル円とビットコインの分析の意味

数か月前からドル円とビットコインの分析を書いてます。
目的はチャートを見てポイントを掴むトレーニングの一環としてやっているのですが、お陰で先々週あたりからぼんやりと何かを掴んできた感覚があります。

それは小さな事に囚われすぎているのではないかということです。

木を見て森を見ていない(自分では見ているつもりだったけど)

毎日225先物をリアルタイムで見て取り組んでるわけですが、結果はご承知の様に全く出ていません。

そしてだいぶ前から強く感じているのが225の場合、場中に冷静な判断が出来ないor異様に難しく感じる事が多いという点です。

もちろん、

225はガチでやってて、ドル円とビットコインは所詮つもり商い

だからプレッシャーが違うため、つもり商いの方が楽で結果としてよく見えてるという傾向がある事は承知してます。

しかし、それを差し引いても225の場合はどうしても場中に「見えなくなる」ことが多いと感じてしまいます。

そしてこれは場中にガビガビ君のみで仕掛けの判断をしているのが原因だと思います。そして一方で相場塾式のピークボトム図の事もあるので混乱してわかりにくくなってるんですね( ´Д`)

自分ではシナリオを立て、場中の判断をガビガビ君でやっているつもりでしたが、どうもガビガビ君にあまりにも固執しすぎていたと思います。

シナリオを重視してゆったり構える

今後はまずシナリオありき、でシナリオを最重視します。

そしてシナリオで考えたポイントに差し掛かった時の仕掛け判断の場面でだけガビガビ君を見ようと思います。

つまり相場塾の考えを比率として大きくして、仕掛けタイミングというピンポイントの局面でガビガビ君のデジタル判断を使う感じにします。
これまでの様に朝からずっとガビガビ君とにらめっこというのはもう止めます。

という事で、事前のシナリオで考えた動きにならなければその日はもうあっさり終了にします。

そして今後はおそらく午前中しか相場に取り組まないと思います。これは他に毎日やらないといけないこと(主に原稿書き( ´Д`))があるのと、統計や分析上、午後のトレードというのが私個人にとってほとんど意味が無いからです。

まとめると

  • シナリオを最重視
  • シナリオの想定からずれたら何もしない
  • 基本的に午前中だけやる
  • ガビガビ君は極力見ない

というふうにやっていこうと思います。

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
MA トレンドレス


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 トレンドレス

MAの状態

【MA収斂】日中 日通し
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:上昇5波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22660
前日安値:22380
60PB:22690 22650 22510 22350

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22640
CME引け:22655
チャートの尖ったところ:

2017年11月27日(月)のシナリオ

寄り前の状況

※当分の間、これまでの考え方を矯正しないといけないので色々試行錯誤になるかと思います。

60分足はトレンドレスですが重要なPBは上昇トレンド。したがって買いを考えていきます。

15分足は60分足の上昇波動において上昇5波動目。グランビルの法則では最終波動になりますが、正直22660以降は動きがない状態で波動を付けているのでノーカウントでも良いのかなぁという感じです。

買いを考えますが、ナイトセッションの後半は動きが無かったのでまずは動き出した後の調整を待ちたいと思います。

寄り後の方針

買いを考えるが上に動くまで待つ。

ギャップアップで寄った場合

22660を超えてきた場合調整を待ってから買い。できれば22690を超えた後の調整を待ちたい。

ギャップダウンで寄った場合

様子見。下がった位置から支持帯接触で反発しても、15分足の調整や60分足の調整になる可能性が高いので買いは不可。

まとめると22660や22690を超えない限り、買い仕掛けはなしというシナリオで行きます(・_・)

トレード内容

場中の印象

※ここの印象も書くと余計な事を考えてしまうので、しばらくはあまり書かないようにしようと思います(-_-)

9:00 前日高値を超えて寄ってきたものの22690を突破できずに止められています。もう少し様子見。

9:36 60分足のピークが決まったような印象になってます。既にシナリオとは乖離しているのでしばらく様子見です。
もしこの後15-75MAで止まっても15分足がすでに安値切り下げのトレンドレスになってしまっています。
60分足の上昇波動中に15分足がトレンドレスになってそこからまた再上昇ってのはなかなか厳しいと思いますし、既に60分足の上昇波動に内包されている15分足波動数も多いので、ここは60分足のピーク確定の可能性が高いんじゃないですかねー(・_・)

10:55 大きく下がる展開になっています。ここまで下がると60分足の調整ですらなくなって、上昇トレンド継続は怪しいですよね。
すでに60-75MAも大きく割り込んでいるのでここから再上昇して75MAの上に戻ってもなんだか怪しいと思います。
早くも今日は終了っぽいです( ´Д`)

12:39 当初のシナリオとはかけ離れたので、再度シナリオを考えているんですが、60分足がMAの下に出ているので買うわけにも行かず、トレンドそのものもよく分からなくなっているので様子見が一番いい選択だと思います。

よって、今日は終了ですね。
考え方をこれまでから矯正していくので最初はこんな感じでぼちぼち進めていきたいと思います(・_・)

とりあえず「ガビガビ君を見すぎて余計なことを考えない」という目標は達成できたので今日はまあ良しとしたいと思います(・∀・)

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計:

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

今日の感想