日経225先物 2018年2月6日のトレード

日本のナイトが引けた後CMEでまた下がっているので注意したいですね。

スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日中総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中 日通し60
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:13波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22850
前日安値:22510
60PB:23070

支持抵抗(弱)
ナイト引け:21910
CME引け:21405
チャートの尖ったところ:

2018年2月6日(火)のシナリオ

寄り前の状況

ナイトセッションはものすごい下落になりました。
そして後半にかけて戻しているのでこれで一旦下落終了か?という風に見えますが、海外ではその後また下がっています。

今CFDを見るとまた持ち直しているようなので今度こそ下落終了になるのか気をつけたいところです。

デイトレとしては売り以外考える必要が無い状況ですが、もし60分足の調整に移行するようであればそれなりの戻りがあっても良さそうなので買いも考えたいと思います。

売りに関してはここまで一方的に下がっているので今すぐ売るというよりも、15分足の調整待ちですね。

よって寄り付き後はしばらく様子見にします。

寄り後の方針

最初は様子見

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場合

トレード内容

場中の印象

8:47 しかし昨日というか今日、日付が変わって少し経つぐらいのところまで場を見てたんですが、その頃一旦底打ち反転っぽくなっていたので、これで下落も一段落かなぁと思っていたのに、朝見たら更にとんでもなく下がるとは・・・
なんか理由があるのかもしれませんが、その辺は気にせずチャートに専念したいと思います(・_・)

10:55 なんかもう歯止めが効かなくなってます。かといって今から乗ることもできないですし、今日はもうノーチャンスっぽい( ´Д`)

12:24 なんかマネックストレーダーがアクセス過多だそうで警告出ました。
どうしようもなくなってぶん投げてる人が多いのかしら。

13:13 一昨日から腰痛がひどくてイスに座ってるのもつらいです。今年の冬はこれまで一度も腰痛が来なかったので安心していたのですが、ついに発動してしまいました( -_-)

こういうイスがほしいんですけど高いんですよねえ・・・( ´Д`)

相場の方ですが流石に20000円のところは一度止まるだろうとは思っているんですが、逆に止まらなかったらすごいことになりそうですよね(・_・)

またビットコインのチャートも見てるんですが、とうとう最高値の三分の一ぐらいの価格になってしまいましたねえ。

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)5:20の足の21510から21830を経て9:30の足の21660割れを売る

売買の判断理由

(1)5:20の足の21510から21830を経て9:30の足の21660割れを売る
・60分足:下降トレンドの下落波動
・15分足:13波動目
・5分足:青3
・B値幅:-810+80(+130)
・支持抵抗:-
・大きな流れ:下
・当日のトレンド:未定

戻しが大きすぎるのと15分足が下落波動でまだここから下がるのか?って気がしたので見送りました。

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: