日経225先物 2019年7月1日のトレード

60分足はしぶとく上昇トレンドが継続。買いを考えていくわけですが。。。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA トレンドレス


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】
【MA通過後初接触】

機能してそうな支持抵抗

60-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:7波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:21310
前日安値:21150
60PB:21570 21300 21230 21150 21080

支持抵抗(弱)
ナイト引け:21310
CME引け:21305
チャートの尖ったところ:

2019年7月1日(月)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は上昇トレンドを継続。そして金曜のナイトの引けで10円だけピークを更新したという、なんとも中途半端なところで終わっています(・_・)

一応上昇トレンド継続なので買いを考えます。
5分足は現在赤2なのでまずは調整を待ちたいのですが、60分足のピーク更新が10円だけでは今ひとつなので、寄りからもう少し上昇した後の調整を待ちたいです。
もしも寄りから調整してしまった場合はこれでピークアウトの可能性があるのでちょっと買うのは慎重に行こうと思います。

寄り後の方針

買いを考えるが寄った後少し上昇した後の調整を狙いたい。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

21330を超えればピーク値+30でまあまあよさそうな感じなのでその後の調整を狙いたいと思います。
それ未満の場合はちょっと様子見重視

ギャップダウンで寄った場

60分足のピークが決まってしまう可能性を頭に入れつつ買いは慎重に考える。

トレード内容

場中の印象

8:45 とんでもなく上で始まりました。
ということは買い継続で良いと思うんですが、これはこれでどういった動きになるか全く予測できないのでやりにくいですね(・_・)
どんな感じになるかよく観察したいと思います。

9:42 なんか出オチみたいな感じで順調に下がってますね。
上昇に対して押しは相対的に浅いという見方もできそうですが、順調に下り続けているのであまり強さも感じません。
ちょっとやりにくそうなので観察を続けます。

12:45 (1)のところは3波経てなんとかギリギリ利確まで行けたかどうか微妙な感じで終わってしまいました。
5分足は既に青転しており、買えるような状況ではないですね。
ただ一応上がって横の動きにはなっていそうなのでこの後時間調整後に再上昇が起こりそうです。
その再上昇のタイミングを捉えるのは難しいので、再上昇後の調整を待ちたいと思います。

14:34 場を見ておらず仕掛け判断ができませんでした。

実は今朝方、豪雨で家の裏の山が土砂崩れになってしまい
家の近くまで崩れてしまっています( -_-)
役所の人がこれから来て立会しないといけないのでこのへんで失礼しますm(_ _)m

エントリーの判断

(1)9:10の足の21660から21520を経て10:20の足の21600超えを買う

売買の判断理由

(1)9:10の足の21660から21520を経て10:20の足の21600超えを買う
・60分足:上昇トレンドの上昇波動
・15分足:7波動目
・5分足:赤2
・B値幅:+410(+20)-100
・支持抵抗:不明(5-9MA?)
・大きな流れ:上
・当日のトレンド:下
・日足大陰線点灯

寄りから下がっている中で反転した場面です。まず支持が不明瞭なのと、押しが深すぎる、寄りから実際には20円しか上がっていない、日足大陰線点灯などあまりいい条件ではありません。
よって見送りました。

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: