日経225先物 2020年3月9日のトレード

2万円を割り込むようだと更に大変な事になりそうですが…(・_・)
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】5

機能してそうな支持抵抗

15-75MA、15-25と75MAの中間線、15-25MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:5波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:21060
前日安値:20210
60PB:22500 21990 21730 21590 21440 21060 20740 20680 20460

支持抵抗(弱)
ナイト引け:20320
CME引け:20430
チャートの尖ったところ:

2020年3月9日(月)のシナリオ

寄り前の状況

下落が続いていて節目(と思われる)の2万円が近づいてきました。

実際2万円に近づいたら一旦は下げ止まるかもしれませんが、だからといって反発を狙って買うのもちょっと違うような気もします。
私は売りの事だけ考えておこうと思います(・_・)

現在60分足は下降トレンドの下落波動。15分足は5波動目です。20210を15分足の波動で2回試しているのがちょっと気になりますね。
ここを割り込めばもう少し下落になりそうですが、そうなると2万円のキリの良い価格がもう近いんですよねえ( ´Д`)

とりあえず売りを考えていきますが、節目が近いので案外難しいかもしれません。

一方、もしも2万円をあっさり割り込めばそれはもう更に大崩れの目も出てくるので売るしか無いですよね(・_・)

一応2万円割った後の目安としては去年の8月6日につけてる2万円を割った辺りが抵抗になるかと思われます(225先物ラージ・つなぎ足の場合)。
…これ見ると何気にに割ったら割ったで抵抗帯まであまり値幅が無いんですよねえ。
もうこの8月6日の抵抗帯は2万円とほぼ同額とみなし、
2万円割り込みの時点でこの抵抗帯も突破しているという解釈もできそうではありますが…(´・ω・`)

やり方は売りで良いんだけどなんやかんやで仕掛けにくく、
なかなか安易には下がらないのかもしれませんね。

寄り後の方針

売りを考えていく

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

5-75MAを上に越えてくると一旦底打ちに繋がる可能性が大きくなってくる。
ものすごく大きなギャップアップの場合は60分足が底打ちする可能性が高いので、少なくとも売りは見送り。
買いについては無理して仕掛ける必要も無いのでよほどいい形ができたときだけ。

ギャップダウンで寄った場

まだ下があるということなので売りを考えるが、抵抗帯も近いので利確できるだけの距離があるかをちゃんと見て仕掛けるかどうか判断する。

万が一2万円を割って寄り付いたら一気に崩れるかもしれないので5分足を見て早めに売っていく。

トレード内容

場中の印象

9:00 ギャップダウンで寄ってそのまま横の動きになっています。セオリー通りだとこの後再下落ですよね。
想定していた抵抗帯をギャップであっさり越えて来ているので更に下があるんじゃないかなぁという目論見です。

9:08 下がって横の動きに収まらずに寄付き5分足の高値を越えてきました。
となると実は底打ちの可能性もありそうな…(・_・)

9:20 (1)のところ、9:08の投稿の後、ああこれは支持抵抗逆転だなと考えて次は売るぞ!という心構えで見ていたものの、あまりの下落速度についていけず…。
ちょっとあれだけの想定約定値との滑りは許容できませんでした( ´Д`)

後からチャート見れば「ここで売ればいいんだよ」的な事になりそうですが、実際リアルタイムで場を見ていたらあまりの下落速度で売るのは実際難しいんじゃないかと。

仕掛けた後でいくら下がるかなんて誰にも分からない訳で、想定の仕掛け値と約定があまりにもかけ離れてしまうと不利になります。

逆に今日のチャートを出してきて、後付けで「ここで売れば良いんだよ」的な事を言ってる商材屋がいた場合、一つの判断基準になるかもしれません。
リアルタイムで滑りも含めて仕掛けてれば別にいいけど(・_・)

You Tubeとかにも胡散臭い商材屋がいっぱいいますからねえ( ´Д`)

10:00 思ったより下に伸びずになんだかまた横ばいみたいになっています。
こうなってくると動きづらそうな気もしますが…。

10:09 (2)見送ったら普通に利確できるくらい下がってますね(›´ω`‹ )
でもここって、なんか仕掛けるポイントとは違うと思うんですよねえ…。
動きが大きいから結果として利確はできるのかもしれないけど、正しい仕掛けポイントとは思えず…。

10:30 結局下がってる( -_-)
が、(2)はどう考えても自分には無理なのでもう気にしないようにします。

12:08 今日は全然流れに乗れずにダメでした。
(2)のところは結果として下がってるけどそこは自分にどうにもできないので別にいいとして、問題は(1)ですよねえ。
実際見てたら反射神経で仕掛けないとダメな状態だったので、それもどうなんだろう?という気もします( ´Д`)

うまいこと行きませんでしたが明日以降もまだまだチャンスはありそうなので頑張りたいと思います。
お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)9:00の足の19810から19970を経て9:20の足の19830割れを売る
(2)9:20の足の19750から19920を経て10:10の足の19870割れを売る

売買の判断理由

(1)9:00の足の19810から19970を経て9:20の足の19830割れを売る
・60分足:下降トレンドの下落波動
・15分足:5波動目
・5分足:青2
・B値幅:-460(-90)+20
・支持抵抗:2019年8月6日の60分足ボトム(支持抵抗逆転)
・大きな流れ:下
・当日のトレンド:未定

9時過ぎに上がって寄付き5分足の高値を越える→また下がるという動きは⬆のシナリオでも書いていた2019年8月6日の60分足ボトムの抵抗帯を試しに行った動きと判断しました。
下抜いたことで支持抵抗逆転になってるんですね。
で、売るつもりでずっと待っていたんですが
このポイント、ものすごい速さで下がったので仕掛けられませんでした( -_-)
これって手動で発注している人には無理だったんじゃないでしょうか…。
いくら約定が滑っても構わないっていう人なら仕掛けられるんでしょうが…。

(2)9:20の足の19750から19920を経て10:10の足の19870割れを売る
・60分足:下降トレンドの下落波動
・15分足:5波動目
・5分足:青3
・B値幅:-80+40
・支持抵抗:不明
・大きな流れ:下
・当日のトレンド:未定

下落幅に対して戻しが大きすぎる、結局横の動きみたいになっている、(1)より高い値位置で方向感が出てない、などの理由で見送りました。

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: