FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2017年11月23日

ドル円は4時間足の下落波動が継続。日足でも75MAを割り込んできました。

スポンサーリンク

USD/JPY 2017年11月23日(木)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは11月23日(木)18:15ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

4時間足が下落に戻ったので15分足の調整後を売っていきます。
15分足の下落波動が相当長くなっているので躊躇しがちなんですが、支持抵抗に当たるのを確認したら売っていきたいですね。

前日を振り返る

15分足の調整後を売るシナリオでした。ただ15分足の下落が大きすぎて戻りが出た後を売っても利確は難しかったようです( ´Д`)
大きく下がったので売らずに見送りというのもありだと思うんですが、その場合何をもって大きく下がったのかという値幅のルールが必要になります。
残念ながらドル円の波動の統計値を持っていないので現状値幅でルールを作るのは不可能です。
なので波動の動きだけで仕掛けていきロスカットは受け入れるしかないですね。

今日のシナリオ

4時間足の下落が続いていて日足が75MAを割ってきたのは大きいと思います。
ただ15分足の波動がきれいな下降トレンドではなくなってきているので、ちょっとここから売るのはやりにくいですね。

60分足も下落波動に戻っているのですが、どうも下がりが鈍いので、一旦様子見にして、最安値を更新した後の戻りまで待つようにしたいと思います。