FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年1月12日

ドル円は円高方向に向かっていますが一方的に下がった後は調整というパターンなのでなかなかチャンスが回ってきません(´・_・`)

スポンサーリンク

USD/JPY 2018年1月12日(金)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは1月12日(金)18:30ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【60分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【日足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

ドル円は円高方向の流れが短い足の方から一服して、現在は円安方向に戻しています。

4時間足はまだボトムが決まっていないので仕掛ける方向性としては売りなんですけど、かなり下落波動が大きくなっているのでここから安易に売らないほうが良さそうです。

もし売るとしたら60分足の調整が75AMまでの間で終わって下落に転じた後の15分足の調整を待ってからとなりますが、無理して売らずに4時間足のボトム確定→調整→調整完了から下落再開まで待ったほうがいいかもしれません。

前日を振り返る

60分足の調整が完了し下落再開したあとの15分足の戻しを待ってから売るというシナリオでしたが、15分足の下落波動が一方的に続いてその後の戻しを売る事自体がどうも微妙な感じ&売ったとしても全然伸びずに結局60分足もボトム確定というパッとしない結果となりました。
こういう15分足と60分足の波動が同じというのは勢いがある証拠でもありますが、デイトレとしてはノーチャンスなので勘弁してほしいところです(´・_・`)

今日のシナリオ

60分足の調整に入っています。昨日と似たような状況ですが、どうも既に60分足の下落波動に入っているような形になりつつあります。

したがいまして、今日もこの後60分足が下落波動に戻った後の15分足の調整を待ってから売っていくシナリオにしたいと思います。