FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年2月16日

ドル円は下落の流れが継続しています。

スポンサーリンク

USD/JPY 2018年2月16日(金)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは2月16日(金)21:10ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【60分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

引き続き売りを考えるんですが、ちょうど今の15分足の状態を見るとちょっと下落が一旦終わりそうかなぁという感じです。
60分足の下落波動が思ったより長時間になっているのでその辺は注意したいと思います。
デイトレとしては一応15分足の調整後を売りますが、15分足が高値切り上げのトレンドレスになってしまった場合は無理せずに様子見にしておきます。

前日を振り返る

15分足の調整を売るんだけどトレンドレスになったら様子見にしようというシナリオでした。
実際すぐにトレンドレスになったのでその後は様子見。
今朝の10時ごろのところはトレンドレスから下降トレンドに変わったばかりのタイミングだったのでここは売らないとだめなところでしたね。
ただMAの中間線付近だったのでやりにくかったと思います。
まあ昨日の時点で15分足がトレンドレスになりそうだという読みが立てられており、それがバッチリはまったので様子見でも○じゃないでしょうか。

今日のシナリオ

長い足は下落を示唆しているので引き続き売りたいんですが、60分足の調整に入っているのですぐには売れません。

まずは60分足の調整が終わるのを待ってから売りを考えたいですが、4時間足の下落時間が相当長くなっているので、そろそろ4時間足のボトム確定に向かう可能性が高そうです。

ただ、売ってカットになるのは必要経費だから別に問題ないことですし、本当に4時間足のボトムが決まるかは誰にも分かりません。
ですので60分足が下を向いたら迷わず15分足の調整後を売ろうと思います(・_・)