FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2017年10月17日

ドル円は4時間足が底を打ち調整の動きになっています。

スポンサーリンク

USD/JPY 2017年10月17日(火)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは10月17日(火)18:38ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

4時間足のボトムが決まって、今は調整波動になっています。
15分足はPBは下降トレンドだけど価格はMAの上、1時間足はMAの上に出てきて一旦ピークを付けたものの75MAのところで支えられて底打ちかも?というような状態です。

4時間足が25MAで跳ね返されずにMAの帯の中に入ってきています。
75MAまでの調整があってもいいですので買いを考えても良いかと思いますが、抵抗帯として112.3150の4時間足の直近ボトムがあって、今はどうもここで止められてるような感じですね(・_・)

買いを考えるよりもMAの帯の中から抵抗帯接触で下落再開の可能性があるので売りに備えたいと思います。

まずはこの抵抗帯でしっかり止められて4時間足が下落再開→その後15分足の調整を待ってから売りですね。