FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2017年10月5日

ドル円の4時間足は安値切り上げでトレンドレスとなりなんとか下降トレンド転換は免れました。
ですがその後の上昇に勢いがなく、雲行きが怪しいです(・_・)

スポンサーリンク

USD/JPY 2017年10月5(木)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは10月5日(木)18:08ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

FX ドル円 トレードのシナリオ

4時間足はMAの上で踏みとどまり、安値切り上げのトレンドレスとなりました。
昨日はずっと前の安値が切り上がっているということからトレンドレスでしたが、今日の場合はその後改めてボトムを切り上げて確定させているのでその点は買い方としては評価できるのではないでしょうか?(・_・)

ですが、どうもボトムが決まった後の上昇が鈍いんですよね。
ちょっと今はトレンドがどちらに行くかわからない状態なので当面は様子見にしたほうが良いと思います。

4時間足のトレンドが決まってから、短い足の調整を見て仕掛けていっても十分間に合いますので今は観察に止めたいと思います。