FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2017年7月24日

ドル円チャートは下降トレンドで60分足の調整になっています。
トレンドが継続するという前提に立てばこの後下落再開を売ることになります。

スポンサーリンク

USD/JPU 2017年7月24日(月)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは7月24日(月)16:00ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:トレンドレス
ストキャスティクス:下降トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

FX ドル円 トレードのシナリオ

4時間足のトレンド判断は下降トレンドで今は下落波動中。
4時間足の方向に仕掛けるというやり口なので売りを考えていきます。

現在はちょうど60分足の調整中で25MA接触から下落再開できるか?って場面ですね。
15分足で言えば75MAのところな訳ですが、ちょっとMAの上に出かかってきています。

方針としてはこの後下落再開となれば売り。
タイミングは
15分足75MAで跳ね返されたと見て売る
15分足の直近ボトム下抜きで売る
15分足の直近ボトムを下抜いた後、戻しを待ってから売る
などがあると思います。
下に行くにつれてリスクが減りますが、その分利確は遅くなり利確できない可能性も増えます。

どこを選択するかはその人の好みで決めると良いんじゃないでしょうか(・_・)