FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2017年7月7日

ドル円相場はここ数日4時間足が機能している状態が続いています。
昨日辺りからちょっと綺麗な上昇じゃ無くなってしまってますが、それでもまだ機能しているようなので4時間足に沿った売買を考えていきたいです。

スポンサーリンク

USD/JPU 2017年7月7日(金)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは7月7日(木)18:15ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日はドル円相場は4時間足が機能しているので上昇トレンドに沿って売買したいけど、タイミングを計る15分足と60分足の状態がイマイチでやりにくい状態でした。

そこから1日経って15分足は上昇トレンド、60分足も上昇トレンドになり、しかも割と綺麗な形で明確なピークとボトムを描いています。

というわけで方針としては買いなんですが、今の状況は4時間足の上昇波動が相当に長くなってしまっている状態なので、ここから追いかけて買えるのか?ってのがありますよねえ(´・ω・)

15分足はMAから乖離して勢いが出てますので、買うとしてもまずは15分足の調整を待ってからにしたいと思います。

売りに関しては今の時点では全く考えなくて良いですね。