FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年5月28日

週明けのドル円相場は円高傾向が一服したものの、その後の上昇が鈍く、どうもまた下落に向かいそうな様相です。
スポンサーリンク

USD/JPY 2018年5月28日(月)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは5月28日(月)20:08ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

60分足は下落再開になっているもののどうも下落が鈍くて15分足はMAの上側で推移しています。
ちょっと下がる勢いが鈍化してきた感じですね。
一応方針としては売りを考えますが、まずは15分足が75MAの下に出て、その後の戻り待ちとしたいと思います。

前日を振り返る

金曜日の夜間、シナリオを立てた後は仕掛けに繋がるような展開はありませんでした。なにもしていません。

今日のシナリオ

4時間足は底打ちして今は上昇波動中。しかしながら60分足はMAの下に戻り、15分足は下降トレンドに転換してMAの下に出てきています。
まだ4時間足が上昇波動中なので売るわけには行きませんが、考え方としては売りを狙うような感じだと思います。

この後4時間足が下落波動に戻り次第短い足の調整後を売っていこうと思います。
まずは観察です。