FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年12月13日

ドル円は4時間足のピークが決まった後、すかさず上昇の動きになっています。
調整が超短期で終わってドカンと上がることができるでしょうか。
スポンサーリンク

USD/JPY 2018年12月13日(木)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは12月13日(木)19:57ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBで上昇トレンド)
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【日足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

シナリオを立てた時間 18:23

買いを考える展開ですので15分足の調整後を狙いたいのですが、もみ合いみたいになっていてどうも勢いが無くなってきました。

一応買い目線で考えますが、もみ合いからの上放れを買うのは難しいのでもみ合いから抜ける→調整になるという形を待ちたいと思います。

前日を振り返る

4時間足はピークが決まり下落波動になりましたので様子見となりました。

今日のシナリオ

4時間足は現在下落波動中なのですが、それにしては上昇してピーク値を目指すような展開。
これってもしも上昇トレンドが継続するのであれば高値を超えてくるはずなので、調整が超短期で終わって上に向かっているのかもしれません。

ただ、デイトレとしては下落波動の間は買えませんから、4時間足が高値更新して自動的に上昇波動に戻った事が分かった後での買い出動となります。
それまでは待機ですね。