FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2019年1月18日

ドル円はようやく短い足の動きが噛み合ってきました(・∀・)
スポンサーリンク

USD/JPY 2019年1月18日(金)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは1月18日(金)20:15ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【日足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

シナリオを立てた時間 18:25

買いを考えますが、現在60分足の調整中なのでまずはこれが終わらないと買えませんね。
ただこの60分足の調整が曲者で、25MAをあっさり割り込んでMAの帯の中に入ってきています。
これを見ると上昇の勢いはあまりなさそうな印象です。

またここのところ15分足の動きが無茶苦茶なのでもし正しい仕掛けを行ってもロスカットになる可能性は考えておいたほうが良いと思います。

リスクはありますが、60分足が上昇波動に戻った後の15分足の調整後を引き続き狙っていきたいと思います。

前日を振り返る

60分足が上昇波動に戻った後の15分足の調整後を買うシナリオでした。
ではどこで60分足が上昇波動に戻ったと判断できるかというと…、昨日の23時の足、あるいは今日の0時の足を見ればその前の状況も含めてMAの中間線付近から上昇再開と考えることができそうです。

であるならば、15分足で3時20分の足、そして4時半付近のところは買えますね(その時間帯に起きて見ているかどうかは置いときます)。

あるいはそこが早朝で買えなくても8時50分の足や9:05の足のところは比較的余裕をもって買えると思います。

大事なのは60分足が上昇波動に戻ったと判断したのであれば15分足の押しの後をしっかり仕掛けることだと思います。

午前3時~4時半のところは15分足がMAを下から跨いで始めてMA(収斂ポイントでもある)に接触したところなので支持としては期待できそうです。
また9時頃のところは25MAが支持なのでここも買いやすい。
こういった分かりやすめのチャンスが来たら着実に仕掛けていきたいですね(・_・)

今日のシナリオ

引き続き買いを考えたいのですが、残念ながら週末に入ってしまいます。

為替は週末は動きませんので買いたい気持ちはぐっと抑えて今日は様子見にしたいと思います。