日経225先物 2018年4月9日のトレード

ナイトセッションは下落して60分足は上昇トレンドのまま75MAをあっさり割り込むという意味不明な状態になってしまっています( ´Д`)
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
MA 下降トレンド


日通し総合 上昇トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中5 日通し
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの下落波動
15分:10波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:21750
前日安値:21300
60PB:21920 21520 21030

支持抵抗(弱)
ナイト引け:21410
CME引け:21425
チャートの尖ったところ:

2018年4月9日(月)のシナリオ

寄り前の状況

60分足はPB図は上昇トレンド、価格は75AMの下という全く噛み合ってない状態になっています。
まあハッキリ言ってデイトレに全く向いていません。
こういう時に仕掛けても無駄なので基本は様子見にしておこうと思います。

チャートを見ると15-75MAが綺麗に抵抗帯になって接触後反落というパターンを繰り返しています。
パターンが継続するという前提に立つならば、ここは気をつけておきたいところですね。
ただ、現状まだ60分足は上昇トレンドの途中なのでこれを無視して売るわけにもいかないのが辛いところです。

寄っていきなり60分足が前のボトム21030を割り込んで重要なPBで下降トレンドにでもならない限り、月曜日は様子見でのスタートにしたいと思います。

寄り後の方針

様子見からスタート。ポイントは21030を割り込むのかどうか。

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場合

トレード内容

場中の印象

8:46 ギャップアップで寄って60-75を超えたかどうか微妙な位置でスタート。
ただ、今一番効果があるのは15-75MAだと思うのでここを超えずに下落再開になるかどうかに注目しながら見ていこうと思います。

9:17 15-75MAで跳ね返るという感じでは無くなったようですね。
となると60分足の底打ちで上昇トレンドの上昇波動継続。価格はMAの上に戻るという感じなので買いを考えることになってきそうです。

10:02 (1)を見送ったら上昇。まあ条件があまり揃ってなかったので仕方ないです。

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)9:20の足の21600から21510を経て10:00の足の21570超えを買う

売買の判断理由

(1)9:20の足の21600から21510を経て10:00の足の21570超えを買う
・60分足:上昇トレンドの上昇波動(仮)
・15分足:1波動目(仮)
・5分足:赤1
・B値幅:+210(+80)-40
・支持抵抗:?
・大きな流れ:上
・当日のトレンド:未定
おそらく60分足のボトムが決まって上昇トレンドの上昇波動なのだろうと判断しました。
そういう意味では買っていけるんですが、この場面で支持が何なのかよくわからないんですよねえ・・・( ´Д`)
加えて押しが-40でちょっと深いので見送りました。買えそうな気はするんですが、少し状況が揃いませんでした( -_-)

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: