日経225先物 2020年6月9日のトレード

60分足も15分足も動きが乏しくなってきた感じです。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド(重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド??

MAの状態

【MA収斂】15
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

特になさそう…

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:3波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23240
前日安値:22970
60PB:23310 23030 23230 22980 22970 22850 22560 22490

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23210
CME引け:23215
チャートの尖ったところ:

2020年6月9日(火)のシナリオ

寄り前の状況

まず、60分足が通常のPBで下降トレンドに転換。ただ、それもナイトの後半で高値同値まで戻っているので下降トレンド自体もあまり勢いがない様子。
そして重要なPBでは引き続き上昇トレンド、価格は75MAの上、ということで総合的には上昇トレンドと判断しました。

ですが、ここまで比較的順調に上がっていたのに、下降トレンドになった事自体がもう勢いが鈍ってるってことなんだろうと思います。

加えて、約定が端数ばかりでSQ前の仕掛けがバンバン行われてる状態なんですよねえ( ´Д`)
こんな時に個人が建てて変な動きに巻き込まれても困ります。

作戦としては基本的に買い目線で見てるけど様子見重視にしたいと思います。

寄り後の方針

一応買いを考えるけどSQ前なので基本的には様子見。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

9:21 端数の約定もでてて、引き続きわかりにくい動きになっています。
様子見を継続です。

9:33 5分足も15分足も75MAの下に出てきました。
勢いもそれなりにあるっぽいのでこれは下に向かっていくんでしょうか…。

10:04 60分足の前のボトムを割り込んで、結局下降トレンド継続のようです。
今60-75MAが支持(抵抗)になってるので、ここを割り込めば下への流れが加速するかも。

10:14 60-75MAが固くてなかなか突破できないですね…。

10:55 結局60-75MAを突破できずにそのまま戻しに入ってます。で、この戻しがかなり強い。
下落も大きかったので相対的に戻りも大きいということはあるかもしれません。
しかしこの戻し幅は私の売買ルールから外れる規模になっているので、次に5分足が下向きになっても仕掛けは見送ります。

11:27 自分の出番が来るような展開にならないので今日はもうやめます。
なかなかチャンスが来ませんが、まあ今週はSQがあるので仕方ないんじゃないでしょうか。来週までほぼお休みに近い状態になると思います。

それではお疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)
(2)
(3)

売買の判断理由

(1)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:


(2)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: