日経225先物 2018年5月1日のトレード

先物は60分足の調整に移行しています。
そして60分足はMAの帯の中に入り込んでいますので75MAまでの調整があっても良さそうな雰囲気になっています。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ  安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 上昇トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中 日通し5 15
【収斂MAへの接触】日中 日通し5 15
【MA通過後初接触】日中 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの下落波動
15分:3波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22560
前日安値:22360
60PB:22350

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22440
CME引け:-
チャートの尖ったところ:

2018年5月1日(火)のシナリオ

寄り前の状況

金曜日の引けの時点では60分足の調整が継続。
下落波動で60-25MAを割り込んでいるので、60-75MAの間のどこかの時点まで調整してもいいような雰囲気になっています。

60分足の前の上昇波動を見ると三分の一押しが60-75MAとほぼ同じですので、ここが調整のポイントになるんじゃないかなぁという印象です(・_・)

じゃあ調整を取りに行くのか?となるわけですが、22440がナイトの引けで75MAが22320円ぐらい。120円幅しかないのでちょっと仕掛けるには微妙な感じなんですよねえ。

ということで寄った後は無理して売ることは考えずに60分足のボトムが決まり上昇再開になった後の買いに備えたいと思います。

なお連休で1日空く、更にGWの真っ最中なので日本の日中は全く動かない可能性もあります。
さほどいい形にならず、値動きも今ひとつであれば無理せず何もしないでおこうと思います。

※なお執筆時で225のCFDは上昇が始まって高値更新してきていますので、明日はギャップアップで寄ってくることも考えておきたいです(・_・)

寄り後の方針

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場合

トレード内容

場中の印象

8:45 225単独で見ると金曜の引けと連続性が有るような位置でスタートしていますが、CFDだと上昇が終わって一服したような感じになっています。
CFDは上昇して高値更新後に60分足のピークが既に決まって下落波動中なので、225のチャートだけ見て安易に買わないように気をつけたい(・_・)

9:55 どうやら日本独自では動けない感じですね。
午前中で動かなければさっさと引き上げようと思います。

12:45 地味に上がってはいるんだけど、メリハリのある動きになっていないのでデイトレとしては仕掛けにくい状態です。
今日はもう終了にしたいと思います。
明日ですが、ナイトセッションで大きな動きでも出ていなければ、もう見ないかもしれません。
とりあえずシナリオだけは立てる予定ですが・・・(・_・)

それではお疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)
(2)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: