日経225先物 2018年6月5日のトレード

60分足の上昇波動が継続中。
なんか思ったより強い流れが出てて、方向性が上で固まりつつあるような感じですね。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ 重要なPBで上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA トレンドレス


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中 日通し5 15
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中5-75 60-75 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:13波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22580
前日安値:22320
60PB:22440

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22560
CME引け:22555
チャートの尖ったところ:

2018年6月5日(火)のシナリオ

寄り前の状況

60分足の上昇波動が継続。思いの外強いようです(・_・)
では買うのか?ってことなんですけど、15分足が波動が小さく13波動目になっていてちょっと今からだと書いにくいですね。
ここ最近の15分足は時間の調整だからノーカウントと考えるという方法もあるのかもしれませんが。。。

デイトレとしては様子見にします。
一旦60分足のピークが決まってくれるのが理想ですが、そうなると調整が今日一日にで終わるかどうか分かりませんし、どっちみち出番はないかもしれないですね。

唯一出番があるとすれば、ここから急騰になって新たなステージに入ったと思われる動きになったときです。
前日高値を超えて更にガンガン上昇する展開になった場合は短い足の調整から買っていこうと思います。

寄り後の方針

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

よほどの急騰になれば買いを考えるがそれ以外は様子見。

ギャップダウンで寄った場合

様子見。無理して売らない。

トレード内容

場中の印象

9:00 9時になりましたがこれといった動きは出てきてないですね。
ナイトセッションの横ばいがそのまま継続しているような感じ(・_・)

9:10 一旦上に振って前日高値を超えた後下がってきました。この動き、怪しいですね。

10:20 5分足MAの収斂したポイントに下から当たってーの形なのでいつもであれば売ってもいいかなぁというところですが、今日も相変わらず端数約定ばかり( ´Д`)
ちょっとやりにくいので何もしないことにしました。

10:42 下がるのかと思ったら5分足は赤転。なんかダメですね。
早くももう今日は見るのやめようかという気になってます(笑)

12:47 とにかく端数が多くてそのせいでGBのつける変化もイマイチ信用がない状態です。
これ以上見ても今日は無理っぽいので終了にします。
今週はもう見ても無駄のような気もしますね(´・_・`)

お疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: