日経225先物 2018年6月8日のトレード

225先物は月限が切り替わり、下落の流れとなりました。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ 重要なPBは下降トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ 重要なPBで上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中 日通し
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し15-25 60-75

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:4波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22860
前日安値:22590
60PB:22710 22600

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22670
CME引け:22370
チャートの尖ったところ:

2018年6月8日(金)のシナリオ

寄り前の状況

60分足の75MAに上から接触して反発。一方15分足の25MAに下から接触という展開です。
60分足は重要なPBで下降トレンドに転換。しかし価格は60-75MAの上なのでちょっと売りにくいですね。
現在15分足は上昇波動中なのでこの上昇が終わるのを待ちたいと思います。
下落再開になった場合は60-75MAの上側にいてもMAを割りに行くものと考えて売っていきたいと思います。

寄り後の方針

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

60分足の底打ちになるほどの上昇となれば一旦様子見。
60-25MAで上が抑えられて下落再開のパターンがあるかもしれないので安易に買わない。

ギャップダウンで寄った場合

15分足が下落波動に戻ったかどうか見極めてから売りを考えていく。

トレード内容

場中の印象

8:51 寄った後上昇の動きになっています。まだ15分足の上昇波動継続のようなので様子見ですね(・_・)

9:33 勢いよく上がりましたが、動きが荒くて押しが深かったので買うという選択は見送りました。

15:35 動きは出たけど上昇の勢いは前半戦までで、その後はズルズル下がる展開でしたね。
なんかよくわからずに終わってしまった感じです。

今週はSQの関係であんまりいい動きにならなかったなぁという感想です。
また来週に期待したいと思います。
お疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: