日経225先物 2018年7月10日のトレード

225先物は上昇が継続。買いを考えていく展開のようです。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 トレンドレス

○日中のみ

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中5 日通し
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中15 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:13波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22190
前日安値:21840
60PB:21910

支持抵抗(弱)
ナイト引け:21810
CME引け:21795
チャートの尖ったところ:

2018年7月10日(火)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は重要なPBで上昇トレンド。しかもかなり強く上昇しています。
ただ15分足の波動数がすでに13波動目で、ここから更に買っていくのかと言うとちょっと考えどころですね。
方針は買いですが今日はしっかり支持で止まったときだけ仕掛けるようにしたいと思います。

寄り後の方針

買いを考える

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

22190を超えてきた場合はまだ上昇が続くということなので買いを考える。
5分足の調整待ち。

ギャップダウンで寄った場合

様子見。

トレード内容

場中の印象

8:45 ギャップアップで寄せてきました。買いを考えていきたいですが、どうも昨晩から端数の約定が増えてるんですよねえ。
私は端数が出る時は自然な動きとは若干違うと思っているので、ちょっと気をつけたいと思います。

9:06 出落ちで下がるのかと思ったらまた盛り返してきてます。
一応5-25MAで支えられていますが・・・。

10:37 9時半ごろのところは5分足がすでに赤6だったので見送りました。
今また下がってきていますがこのまま反転して赤8を目指す展開になったらまた見送ります。
ルールなので仕方ない(・_・)

11:13 深い押しから再上昇になっていますが、この押しの深さは買えるルール外ですので見送り。
そろそろ長い足の調整に移るんじゃないかなぁと思うんですが・・・。

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)13:40の足の22260から22220を経て14:10の足の22250超えを買う

売買の判断理由

(1)13:40の足の22260から22220を経て14:10の足の22250超えを買う
・60分足:上昇トレンドの上昇波動
・15分足:13波動目
・5分足:赤1
・B値幅:+20-30
・支持抵抗:5-75MA
・大きな流れ:上
・当日のトレンド:上
時間の調整のような長時間の膠着を経て5分足が青転→赤転となり赤1後の初押しから上昇再開という状態です。
が、B値幅が+20-30とマイナス幅の方が大きい。これが気に入らなかったので見送りました(・_・)

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: