日経225先物 2018年7月11日のトレード

225先物は60分足の調整が完了して上昇波動に戻っています。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値同値 安値切り下げ 下降トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中5 60 日通し 5 15
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:5波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22300
前日安値:22160
60PB:

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22240
CME引け:22235
チャートの尖ったところ:

2018年7月11日(水)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は上昇トレンドの上昇波動で15分足は5波動目。
上昇に勢いがないのはナイトセッションだからなのか、トレンドの持続が怪しくなっているからなのかは分かりません。
ただ、60分足の調整波動が時間が短くて値幅も小さいので、時間経過で更に調整しているんじゃないかなぁという気もします。

デイトレの方針としては買いを考えます。
5分足がMAから乖離するような上昇が発生した後の押しを待ってから買いたいですね。

寄り後の方針

買いを考える

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

22300を超えてくれば買いで問題ないが、それ以下のギャップだった場合は様子見。その後の動きからシナリオを考えていく。

ギャップダウンで寄った場合

22160を割ると60分足が下降トレンドに転換するので買いは様子見。
ただそうなっても、価格は60-75MAの遥か上なので実質60分足の調整波動が続いているだけと考えたほうが良いかもしれないので、状況を見てからシナリオを考える。

トレード内容

場中の印象

8:46 なんかむちゃくちゃ下で始まったんですが・・・( ̄o ̄;)
60-75で止まればまだなんとか実質60分足の下落波動が1波動で調整過程・・・と考えられなくも無いんですが、
一応PB図では下降トレンド転換なので基本は売りを考えたいと思います。

8:51 気になるのは日通しの日足でMAが収斂したポイントに下から当たって跳ね返されてる点。
これ大きな下落の流れがスタートするってことなのかもしれません。
とりあえず60-75MAで止まるのかどうかに注目(・_・)

10:10 下がるばっかりで戻りが無いので売るチャンスもやって来ません。
それにここから戻しが入ったとしても60分足単位で一旦下落終了の可能性も出てきそうなくらい値幅がすでに出てますよねえ・・・。
今日はもうノーチャンスかもしれない。

10:31 5分足の調整に入っています。すでに60分足の下落幅は520円。
60分足のレベルで見ても一旦下落はおしまいとなっても良さそうな感じです。
一方で5分足はまだ青1なので、30円幅ぐらいはもう一発取れるんじゃないの?って考え方もできるんですよねえ。
積極的に行くなら仕掛けても良いような気もします。

11:01 ちょっと戻しが大きいですが、相対的に下落幅と比較すればそこまで大きな戻しでもないと考えることもできそうです。

・・・迷うところですが、相対的に・・・という事を言いだしたら判断基準が曖昧になってしまいます。次に5分足が下落再開になったとしても見送ろうと思います。

11:32 5分足は青1から下落再開したものの、これがダマシで赤転となりました。
長い足も次第に底打ちになってくるんじゃないでしょうか。

14:36 60-75MAに下から当たって下落再開になるかと思ったんですが、なんかもたもたしてます。

もう残り時間も無いので今日は終了にします。
お疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: