日経225先物 2018年7月27日のトレード

225先物は60分足が上昇トレンドの上昇波動中ですが、どうも上がりが鈍いです。
かと言ってしっかりMAの上側を保ってるので崩れるようにも見えず・・・。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中5 15 60 日通し
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:13波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22660
前日安値:22510
60PB:

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22640
CME引け:22620
チャートの尖ったところ:

2018年7月27日(金)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は上昇トレンドの上昇波動ですが、15分足の波動数ばかり多くて全然上がってきません。
ナイトセッションで前日高値を10円だけ上回ってきていて、一応かろうじて上昇という感じです。

じゃあ下落するのか?となると動きは鈍くてもMAの上側を保ってるので崩れるとも言い切れないんですよねえ( ´Д`)

方針としては様子見にします。

上は22660を超えてから、下は22490を超えるまではなにもしません。
これらの目安を超えたとしても5分足がMAから大きく乖離するような展開が出るまでは安易に仕掛けず様子見にします。

寄り後の方針

様子見

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

前日高値22660を超え、なおかつ大きな上昇になればその後の押しを待って買う。

ギャップダウンで寄った場合

22490を下回って更に大きく下落するような動きになれば戻り売りを考える。

トレード内容

場中の印象

9:38 なんか全然動きません。もう夏休みで動かないのかしら。。。

11:31 全然動かないので12時でなにも起きなかったら見るのやめます。
仮に午後から動いたとしても、結局調整を待たないといけないので、その分を考えると残り時間があまり無い事になりますしねえ。

12:13 これと言った動きになっていませんので終了にします。

台風が来ているようなので該当する地域の方はお気をつけくださいm(_ _)m
それではよい週末を。

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: