日経225先物 2018年8月29日のトレード

225先物は端数約定が多くなっていて、どうも9月のSQを睨んだ展開になっているようです。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中 日通し
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:3波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22990
前日安値:22770
60PB:22870 22780

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22800
CME引け:22805
チャートの尖ったところ:

2018年8月29日(水)のシナリオ

寄り前の状況

60分足のPB図はトレンド転換して下降トレンドになっています。ですが、価格は75MAの上側なので安易に売るというのもやりにくい・・・。

デイトレとしては一応売りを考えますが、まずは5分足がMAの下に大きく離れていく動きが必要です。
その動きが出るまでは様子見にしたいと思います。

寄り後の方針

様子見スタート。

大きく下に下る動きを待つ。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場合

トレード内容

場中の印象

8:53 60分足ですが付いてる波動が小さいので、22990のピーク以降の動きが、実は上昇トレンドの下落1波動中の動きに過ぎないという可能性があるんじゃないかなぁと思います。
MAを割らずに反発しだしたら、実質はまだ上昇トレンド継続なのかも(・_・)

10:34 60分足は重要なPBで上昇トレンドに転換。やはり下落は1波動だった説が濃厚な感じですね。

ただそれにしては上昇に戻ったのに勢いが無いんですよねえ・・・。
もっと上がっても良いような気もするのですが。

14:07 動かないなあと見てたんですが急に下がってきました(・_・)
ここから崩れてしまうのかしら?

14:18 60分足が上昇トレンドでさほど上がらず、今はおそらく下落波動に入っているような状態。なので上昇トレンド継続が怪しい。

しかし、上昇トレンドには違いないわけでその中で売っていくというのは反トレンドです。

一方チャートを見るとただの15分足の調整で75MAタッチにも見えるのでどちらかと言えばこの後の買いを考えたほうが良さそう。

・・・と、なんか動きとトレンド判断が全然噛み合ってないんですよね(´・_・`)
また残り時間がもう1時間を切っていて、ここから仕掛けの条件が整うのはほぼ無理と思います。

よって今日はもう終了にします。
来月のメジャーSQを通すまでグダグダなのかもしれないですね。
お疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: