日経225先物 2018年9月18日のトレード

225先物は上昇の動きが強くなっています。
買いを考えていく展開です。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中 日通し
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

機能してそうな支持抵抗

不明

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:7波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23090
前日安値:22790
60PB:2861

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23070
CME引け:22015
チャートの尖ったところ:

2018年9月17日(月)のシナリオ

寄り前の状況

SQが明けて1日日本市場は休みをはさんでの再スタート。
CMEの引けを見ると金曜の日本のナイトの引けとあまり変化なしのようです。

デイトレとしては買いを考えていきます。
現在15分足は7波動目ですでにかなり波動数が多くなっていますが、とりあえず上がり続ける間は買っていこうかと思います。

5分足は今赤1後再スタートしているので次の押しを待ちたいと思います。

寄り後の方針

買いを考える

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場合

トレード内容

場中の印象

8:49 かなり低く始まりました。60分足のピークも決まりそうなくらいの勢いなので、様子見に切り替えます。

10:00 上下の動きが大きくてちょっと手が出せないですね。
今は5-75MAが抵抗になって下落するのかそれとも上に出るのかと注目のポイントになっています。
もうしばらく観察ですね。

11:24 押しがないまま上がり続けるという一番げんなりする展開(›´ω`‹ )
次、押しが入った時どうするかですよねえ・・・。
一応5分足は赤1後の初押しになるので仕掛けどころではありますが、すでに波動が180円に到達していて5分足としては大きすぎる。
よって1押しでそのまま上昇となるよりも3波動調整みたいになるんじゃないかなぁと予想してますがどうなるでしょうか・・・。

12:30 やっと押しが入りましたが・・・。
+250-10なのでちょっと無理っぽいですね( ´Д`)

12:36 (1)の所見送ったんですけどそのまま上がってますね・・・。勢いを重視することが正解だったようです。

13:49 伸びきれずに失速して5分足は青転。しかしその後また強く戻しが入っています。
ちょっと分かりづらくなってきましたね。。。

結果的に伸びていないから言うわけではないですが、やはり(1)は見送りで良かったんじゃないかなぁと思います。建ててれば利確の1段階目はできていますが、やはりこれだけ大きく上昇したのに最小限の押しでしかも短時間の調整から買うのはリスクが大きすぎる気がします。

今後も似たような展開はこれまで同様見送りにしたいと思います(・_・)

14:58 もう残り時間もないので終了にします。
SQが終わり端数約定も出なくなったことで環境的には良くなっていると思います。
先週までに比べて遥かにチャンスは有りそうですので頑張って掴みたいですね。
お疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

(1)のポイントは結果だけ見れば上がっているので仕掛けても良さそうに思えるが、やはり給湯した後の調整としては不足しているので見送りで良いと思う。

エントリーの判断

(1)12:10の足の23290から23250を経て12:40の足の23260超えを買う

売買の判断理由

(1)12:10の足の23290から23250を経て12:40の足の23260超えを買う
・60分足:上昇トレンドの上昇波動
・15分足:1波動目(仮)
・5分足:赤1
・B値幅:+250-10
・支持抵抗:5-9MA
・大きな流れ:上
・当日のトレンド:上
強烈な上昇後ようやく押しが入りましたが-10だけの押しで早々に上向きになりました。
それだけ強いのだと言うことが言えます。
が、あまりにも調整不足という見方もできます( -_-)

確かに9MAを使うやり方は勢いがある時はうまくいくことが多いのですが、それは寄りからギャップアップでスタートした時が多いというような気がします。
気がするだけで統計を取っていないのでそれで判断して良いのか?ってのはあるんですが、
やはり全体的に見ても調整が少なすぎると思うのでここは3波動経過を待ってからの仕掛けを採用することにして、この場は見送りにしました。

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: