日経225先物 2018年10月23日のトレード

225先物は60分足が高値同値でトレンドレス。価格はMAの下なので下落かなぁという気はするもののはっきりせずにやりにくい状況です( -_-)
 
今週の目標:シナリオをより綿密に立て、立てた内容に従う!
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

 

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ(同値) 安値切り上げ トレンドレス
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 トレンドレス

○日中のみ

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
MA 上昇トレンド


日中総合 トレンドレス

MAの状態

【MA収斂】日中15 日通し5 60
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

機能してそうな支持抵抗

日通し 60-75?

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:トレンドレスの下落波動
15分:5波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22690
前日安値:22260
60PB:22690 22160

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22470
CME引け:22475
チャートの尖ったところ:

2018年10月23日(火)のシナリオ

寄り前の状況

ピークボトムズの判断でトレンドレスが多くなっています。
一応重要なPBで日通し60分足は下降トレンドですので方向性は売りかなぁという印象です。
22690の高値が固そうになっているのでここを突破しない限りは売り方針で行こうと思います。
ただ5分足がMAの下に離れていく展開を待ちたいですね。

寄り後の方針

売りを考える

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

22690を超えない限りは売りを考える

ギャップダウンで寄った場合

5分足がMAの下に離れる状況が出た後の調整を待ってから売る。中途半端な状態からは仕掛けない。

トレード内容

場中の印象

8:53 低く始まって上がってきません。これで下落の流れが加速してくれれば良いのですが・・・。

10:57 原稿書いてて全然場が見られず・・・( -_-)
どうやらチャンスはもう終わってしまったようです。。。
しかし、これチャートを後から見ても、実際に見ていたとして仕掛けられたか?と考えるとちょっと微妙ですね。
ま途中で5分足が赤転してますしもしかすると建てたとしても途中でカットされていたかもしれない(・_・)

11:03 60分足は高値切り下げ(同値) 安値切り下げの下降トレンドに転換。
これで堂々と売れる状況になりましたが、前日安値のラインと前の60分足ボトムの22160のところが抵抗帯で重なっているのでここをどう攻略していくか?という局面になってます。
もしあっさり突破できれば更に下落が加速しそうですが・・・。

11:26 抵抗帯と思しき22160をあっさりと割ってきました。
また、11時半というあまり動かない時間帯に一気に動いてきたので、これはまだこの後の動きも期待できそうな雰囲気。

14:24 今日はずっと忙しくて全然場が見られませんでした( -_-)
もう残り時間も無いのでおしまいにします。お疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: