日経225先物 2018年10月29日のトレード

225先物はナイトセッションで60分足のボトムが確定。
今は下降トレンドの上昇波動で調整中になっています。
 
今週の目標:シナリオをより綿密に立て、立てた内容に従う!
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 下降トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
MA 下降トレンド


日中総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中5 日通し5
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

機能してそうな支持抵抗

日中 15-25MA
日通し 60-75MA(というかMAの中間線の方かも)

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの上昇波動
15分:3波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:21520
前日安値:20790
60PB:21790 21190

支持抵抗(弱)
ナイト引け:21230
CME引け:21250
チャートの尖ったところ:

2018年10月29日(月)のシナリオ

寄り前の状況

60分足の調整波動中で15分足はMAの上に出てしまっているという微妙な状況です。
寄りから下がれば下落再開と考えても良さそうですが、60分足のローソク足本数と調整値幅を見るとなんかまだ調整不足のような気もするんですよねえ(・_・)

寄りから下がってもしっかり5分足がMAの下側に乖離していく動きが出るのを待ちたいと思います。
もし上がった場合は15分足が完全にMAの上に出てしまうことになりますので60分足の調整にしてはちょっと状況がまずくなりそうです。
この場合は様子見ですかね。

寄り後の方針

売りを考えるが5分足がMAの下に大きく乖離する動きを待つ。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

60分足の調整で本当に終わるのか怪しくなってくるので様子見重視。

ギャップダウンで寄った場合

売りを考えていくが5分足の状況をよく見る。

トレード内容

場中の印象

9:00 やや高く寄って15分足が75MAから離れる展開。21400を超えると15分足が上昇トレンドになるのでその辺りがポイントになりそう。

9:52 15分足は上昇トレンドに転換して5分足は赤1後の押し。
しかし60分足は引き続き下降トレンド継続で価格も75MAに近い位置です。
ここから買いはできないので次5分足が上を向いても何もしません。

13:42 方向性なく動くだけになっています。なんかもうチャンスはなさそうな雰囲気。

14:30 15分足が結局75MAの上を保ち続けていて60分足が下降トレンドにしては妙な感じです。
60-75MAで跳ね返されたものの60-25MAが支持になっているパターンにも見えますし、このままトレンド転換まで持っていくんでしょうかね?

今日はもう時間が残ってないので終了にします。
お疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: