日経225先物 2019年6月21日のトレード

力強い上昇が続いているんだけど15分足と60分足の波動が重なってきました。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】
【MA通過後初接触】

機能してそうな支持抵抗

60-25MA?

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:1波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:21570
前日安値:21310
60PB:21570 21330 21310 21300 21290 21200

支持抵抗(弱)
ナイト引け:21430
CME引け:21430
チャートの尖ったところ:

2019年6月21日(金)のシナリオ

寄り前の状況

昨晩日付が変わる前頃にチャートを見ていたら60分足のピークが決まって急落のような形になっていました。

ああこれはナイトで最高値を付けてそこでピークが決まって暴落するパターンだな~何年か前の5月に似たことがあったし
と思って寝たのですが、その後60分足が短期でボトムを付けてまた反発しているんですよねえ…。

15分足の波動と60分足の波動が重なっているのでPB図に今ひとつ信頼性がありませんが、一応上昇トレンドが継続しているので買いを考えたいと思います。

ただ、昨晩21570のところを3度試しに行って突破できなかったので、ここは相当に抵抗として固いと思われます。
注意したいですね。

寄り後の方針

買いを考える。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

9:36 なんだか下への動きが強くなっています。一応急反発で戻してはいるけど、上昇トレンドの上昇波動中の動きとは思えません。

10:34 結局15-75MAが抵抗になって下がった感じですよね。
となるとやはり今回の上昇は21570がピークでここから60分足も下降トレンド転換に向かうのか?と思ってしまうのですが、日足を見ると一旦75MAの上に抜けてまた下に戻りつつもなんか粘ってるように見えなくもありません。

12:08 21310の60分足ボトムを割り込んだことで、60分足は通常のPBで下降トレンドに転換しました。

ということでここからは売りを考える事になるんですが、60-75MAの上側に価格があります。
もう状況が揃っているので、ここを割ることを前提に仕掛けて行くんですけど、下げ渋る展開になるかもしれず、その場合グダグダに巻き込まれてカット対象になるかもしれません。

仕掛ける場合はロスカット幅等もよく見てリスクを取るかどうか考えたいですね。

12:13 60分足の重要なPBはまだ上昇トレンドを維持してるけど通常のPBは三尊天井ですし、まあ普通なら下がるんじゃないですかねえ(・_・)

12:59 -120+40でなんか戻しが大きいんですよねえ( ´Д`)
一応抵抗帯にあたってはいますが。

13:00 よく見たら5分足ってもう青3ですね。青4狙いはやらないので見送ります。

13:03 仕掛けても良さそうな雰囲気ではありましたが青4狙って行くのはルール外なので見送りました。

今日はもう出番ないと思うのでおしまいにしますm(_ _)m

エントリーの判断

(1)12:30の足の21230から21290を経て13:00の足の21260割れを売る

売買の判断理由

(1)12:30の足の21230から21290を経て13:00の足の21260割れを売る
・60分足:下降トレンドの下落波動
・15分足:1波動目
・5分足:青3
・B値幅:-120+40
・支持抵抗:5-25MA
・大きな流れ:下
・当日のトレンド:下
・日足大陰線

戻しが+40とやや大きいのでですが、5-25MAにしっかりあたって跳ね返されてるので形は悪くないと思います。そして日足大陰線のサインがずっと点灯しているんですよね…。
売っても良いかと思いましたがすでに5分足が青3で次が青4狙いになります。
青3までしか仕掛けないルールなので今回は見送りました。

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: