日経225先物 2019年8月21日のトレード

60分足は上昇トレンドが一応継続していますが全押しになっていてトレンドが強いとは思えません。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA トレンドレス


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

15-25MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの下落波動
15分:9波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:20670
前日安値:20470
60PB:20750 20680 20620 20470 20210 20090

支持抵抗(弱)
ナイト引け:20490
CME引け:20480
チャートの尖ったところ:

2019年8月21日(水)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は上昇トレンドの下落波動で全押しになっています。
まだ一応上昇トレンドが続いてはいるものの、とても強いトレンドとは思えません(´・_・`)

デイトレとしては一応買いを考えてスタートしますが、寄ったあと20470を割った時点で60分足が重要なPBで下降トレンドになりますのでその後は売りを考えます。

20470を割らずに上昇すれば買いを継続していくわけですがそれでもトレンドが弱いという状況には変わりないので、仕掛けるのは慎重にしたいです。
60分足の前のピークである20680を超えない間は支持抵抗にはっきりと絡んだ時だけ買いを検討したいと思います。

寄り後の方針

買いを考えるが寄り後の動きをよく見て判断。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

9:00 寄って20470を割り込み、60分足が重要なPBで下降トレンドになりました。
まだ10円だけの突破なのでものすごく微妙ですが一応売りを考えていこうと思います。

9:08 トレンド転換した途端に強く上昇してきました。
うーん、これって底打ちっぽく見えるんですが、どうなんでしょう…( -_-)

10:53 どうも結局60分足まで底打ちしたような感じで上昇しています。
でも重要なPBは一応下降トレンドになってるんで買うわけにもいかないような状況です( ´Д`)

10円突破は誤差と判断して上昇トレンド継続と考えるほうが実情にあってるのかもしれませんが、それだと勝手にルールを変更することになるので困ったもんです。

14:00 一応見てるんですが動きが出てこないのでおしまいにします。
なんだかトレンドが中途半端な感じになってしまいましたね。

お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: