日経225先物 2019年8月30日のトレード

こんなにギャップが開くのが頻発するのってここ数年見なかった気がします。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド(重要なPBは下降トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド(仮)

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:1波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:20720
前日安値:20350
60PB:20750 20720 20600 20550 20530 20500 20400 20380 20350 20310 20070

支持抵抗(弱)
ナイト引け:20700
CME引け:20705
チャートの尖ったところ:

2019年8月30日(金)のシナリオ

寄り前の状況

ナイトセッションで荒ぶっています(・_・)
こんなにナイトや朝の寄り付きでギャップが空くことが頻発するのって本当に数年ぶりに見た気がします。
勢いが戻ってきたんでしょうか…。

デイトレとしては60分足が通常のPBで上昇トレンドに転換。
ただし、20720の以前のピークのところでピタリと止められてしまい、重要なPBではまだ一応下降トレンドのままです。

とはいえ、勢いの強さを重視して上昇トレンドなのだろうと考えます。
なので今日は買いを考えていこうと思います。
ただ5分足はちょっと膠着状態なので寄った後の状況を見てから判断ですね。

もし20720をあっさり超えられないような展開になるとまた流れがおかしなことになってきそうです。

寄り後の方針

買いを考えるが寄り後の状況をよく見て考える。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

9:00 低く寄ってなんだか20720が抵抗帯として固いのかなぁというような印象になりつつあります。
うーん( -_-)

11:17 下がってはいないんだけど、5-75MAの上にすら出てこられず強くもないんですよねえ(´・_・`)
これでは買うのも出来ずお手上げです。

12:55 もう1時近いんだけど、これと言ったきれいな動きは出ず( -_-)
ナイトセッションに切り替えたいんだけど夜はなかなか場が見られないので困ったもんです。

とりあえず今日もお疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: