日経225先物 2019年10月11日のトレード

なんかこう動きがスッキリしないですよねえ。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

15-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:11波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:21740
前日安値:21300
60PB:22030 21780 21660 21650 21630 21610 21540 21410 21320 21300 21270 21040

支持抵抗(弱)
ナイト引け:21660
CME引け:21675
チャートの尖ったところ:

2019年10月11日(金)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は通常のピークボトム図はトレンドレスに転換。重要なPBを見てみるとここ数日の動きは全て21780-21040の波動の中に集約されており、相変わらず下降トレンドが続きていると見えます。
ただ通常のPBが崩れたと思ったらしぶとく粘り返してまた上昇トレンドな感じに戻るので余計にわかりづらくなっています。

また60分足の波動中に15分足が11波動あるということで、
これは下降トレンドよりも上昇トレンドにある傾向です。
よってデイトレとしては買いを考えたいと思うんですが、
あまり無理して仕掛けるような状態でも無いのかなぁという気がします。

よほど大きな上昇でも発生すればその後の調整を狙いますが、それ以外は様子見ですかね。
+個人的に風邪がまだ治ってないので無理はしないでおこうと思います。

寄り後の方針

買いを考えるが大きな動きが発生したときのみ参加を考える。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

9:00 寄り付きから上昇して昨日の高値を超えてきました。
ということはかなり上昇力が強いと思われます。
買いを考える事になりそうですが…。

11:53 (1)のところは結果を見れば仕掛けてれば利益になった感じですが、リアルタイムで見てたらやはりちょっと無理でしたね( -_-)

動きも無くなってきていますので今日はおしまいにします。
台風が近づいてる地域の方はお気をつけください。

お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)9:10の足の21750から21670を経て10:00の足の21690超えを買う

売買の判断理由

(1)9:10の足の21750から21670を経て10:00の足の21690超えを買う
・60分足:トレンドレスの上昇波動
・15分足:11波動目
・5分足:赤2
・B値幅:+70(+60)-10
・支持抵抗:5-75MA
・大きな流れ:上
・当日のトレンド:未定
・日足大陽線点灯

いろいろ条件は揃ってるように見えるんですけど、トレンドがしっかり出てメリハリのある動きというわけではないので見送りました。

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: