日経225先物 2019年10月21日のトレード

横ばいの過程で60分足が重要なPBで下降トレンドに転換してしまいました(´・_・`)
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
MA トレンドレス


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンドかも

MAの状態

【MA収斂】5 15 60
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:6波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22640
前日安値:22400
60PB:22690 22610 22580 22430 22410 22030 21630

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22500
CME引け:22490
チャートの尖ったところ:

2019年10月21日(月)のシナリオ

寄り前の状況

横の動きを続けて再上昇に向けてエネルギーを溜めていると思ったんですが、
その過程で60分足は重要なPBで下降トレンドになってしまいました。

一応まだ60-75MAを完全に割っているのか微妙はところではありますが、寄り付きの状況でシナリオを変えていく展開になりそうです。

寄り後の方針

寄った後の動きでその後の展開が変わってくると思う。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見。上下どちらに動くのかに注意

ギャップアップで寄った場合

60-75MAを割らずに大きく上で始まればまた上昇に戻りそう。
ただし、一応60分足が重要なPBで下降トレンドな訳で、それでも買うのか?というのは判断が難しいところです。

60分足を見ると、22640のところに上髭で抵抗帯になっていると思うので、ここを上に突破してから買いを考えたいと思います。

ギャップダウンで寄った場

22400を割って更に下がるような展開であれば60分足は通常のPBでも下降トレンド転換を目指すような展開になりそうです。

5分足が75MAから乖離して大きく下がる展開になれば戻りを待って売っていこうと思います。

トレード内容

場中の印象

9:53 寄り付いて1時間ほど経ちましたが、大きな動きは発生していません。
明日もお休みですし今日は動かないかもしれませんね。

13:07 なんか全然動きませんでしたね。
今日は終了にします。また水曜日m(_ _)m

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: