日経225先物 2019年10月28日のトレード

60分足の上昇波動が続いてはいるのですが…。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】5

機能してそうな支持抵抗

60-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:6波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22850
前日安値:22710
60PB:22870 22720 22710 22690 22610 22580 22480 22430 22410 22400 22030 21630

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22820
CME引け:22825
チャートの尖ったところ:

2019年10月28日(月)のシナリオ

寄り前の状況

60分足の上昇波動が継続中。
ただチャートを見るとなんか60分足の高値が切り下げで確定しそうな雰囲気になっています。

デイトレとして引き続き買いを考えますが、勢いはあまり無いような感じなので安易に仕掛けずに支持抵抗にしっかり絡んだときだけにしたいと思います。

一応先週、脳がおかしくなった状態から体調はほぼ治ったっぽいので普通に参加する予定です。
が、閃輝暗点っていつ来るかわからないので内心ビクビクです( -_-)

寄り後の方針

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

22850を超えてくれれば前日の高値を越えることになるので、60分足の上昇トレンド継続で良さそうですね。なので買いを考えます。

22850より下のギャップアップの場合は様子見にします。

ギャップダウンで寄った場

15-75MAを下回るほどのギャップダウンであれば60分足のピークが確定により近づきそうです。
なので様子見ですね。
売るのは60-75MAを割ってから考えたいと思います。

トレード内容

場中の印象

9:09 前日高値を超えた後、5分足の調整になっています。一応60分足の上昇波動継続と考えて良さそうだけど、+30にしかなってなくてちょっとイマイチな気も( -_-)

9:34 全然伸びずに赤2が早々に終わってしまいました。見送って正解だったのかも…。

10:48 結局5分足は赤2で終わって青転してしまいました。かと言ってどんどん下がるわけでもなく、しばし様子見です。

12:28 特にこれと言った動きも出ず膠着になっています。今日はこの辺りでおしまいにしたいと思います。
私的にはとりあえず脳の問題も出ずに無事乗り切れただけでも良しとしたいです。
お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)9:00の足の22860から22820を経て9:20の足の22870超えを買う

売買の判断理由

(1)9:00の足の22860から22820を経て9:20の足の22870超えを買う
・60分足:上昇トレンドの上昇波動
・15分足:7波動目
・5分足:赤1
・B値幅:+30(+20)-10
・支持抵抗:5-75MA?
・大きな流れ:上
・当日のトレンド:未定
5分足赤1で15分足の7波動目が始まったばかりと考えられます。
条件としては買いなんですが、+30-10で上昇がいまひとつ伸びなかったのがちょっと気になったので仕掛けは止めておきました。
赤1の状態でせめて+50は無いと…。

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: