日経225先物 2020年8月26日のトレード

60分足の調整が終わって上昇波動に戻っています。買いを考えていく展開になりそうです。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド (重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

60-25MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:1波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23430
前日安値:22160
60PB:23430 23340 23230 23200 23180 23130 23120 23050 23020 22930 22830 22700 22650

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23270
CME引け:23300

2020年8月26日(水)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は調整が終わって上昇トレンドの上昇波動に戻っています。
というか上昇波動に戻ってすでに4時間経過してるんですが、それでも5分足や15分足が75MAの上に大きく離れていく展開になってません。
これは調整の勢いがかなり強かったのでこうなってるんだと思います。
60分足の上昇トレンドが崩れていなければ良いのですが…。

デイトレとしてはとりあえず60分足が上昇トレンドで上昇波動中なので買いを考えます。
ただ5分足はすでに赤3で勢いもない状態なのでなんか買いにくいですね(´・_・`)

寄り付きからギャップアップで寄ればまだやりやすいんでしょうけど、
それ以外の場合はちょっと様子見にするかもしれません。

寄り後の方針

買いを考えるが5分足や15分足が75MAの上に大きく離れていく展開が出ないと仕掛けにくい。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

5分足が75MAの上に大きく離れていく展開が出れば、次は赤5狙いになってしまうが買いを考えてみる。
ただ、今の動きからあまりそういう展開になるのは見たことがないので可能性は低いかも…。

ギャップダウンで寄った場

23170より上で寄った場合:60分足はとっくに底打ちしてるのに上ってこないのは明らかにおかしいということになる。まだ売りを考える必要はないけど買いはいったん保留して様子見。

23170以下で寄った場合:60分足が下降トレンドに転換。ただし、60-75MAの上にいる場合は下降トレンドでも売りにくいのでよく状況を観察して作戦を考える。

60-75MAより下で寄った場合:可能性はとても低いと思いますが強力な下降トレンド発生ということになるので、この場合はすぐに売りを考えていきます。

トレード内容

場中の印象

9:00 寄った後下がっててその後すぐに上ってくることもありませんでした。
なんだか60分足が上昇トレンドの上昇波動にしては勢いに乏しい印象です。

10:02 更に下がってきて5-75MAを割ってしまいました。
とても60分足が上昇トレンドの上昇波動の時の動きとは思えません。
どう考えてもおかしいのでしばらく観察のみにとどめようと思います。

11:07 これ多分60分足の高値切り下げでピークが決まってるような感じですよね。
となると60分足はトレンドレスが濃厚で下手に手を出さないほうが良さそうですね。

今日はもう出番ないかなあと思います。
昨日うまく結果を出せたので今日も張り切ってたんですが、どうやら空回りのもよう(・_・)

11:53 動きに乏しいので今日はここでおしまいにします。
昨日はあれだけダイナミックに動いたのに、SQでも睨んで膠着してるんでしょうか?(´・_・`)

お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)
(2)
(3)

売買の判断理由

(1)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:


(2)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: