日経225先物 2020年9月4日のトレード

本当に金曜になったら崩れてきましたね(´・_・`)
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

5-75MA?

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:9波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23620
前日安値:22970
60PB:23620 23460 23430 23390 23370 23310 23010 22700 22560

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23070
CME引け:23095

2020年9月4日(金)のシナリオ

寄り前の状況

9月1日の投稿で少し触れたんですが、

ところで

金曜か月曜に暴落が起きるとかネットで言ってる人がいました(かなり大手の言論サイト)。
なんか根拠でもあるのか、あるいは口からでまかせなのか…。

まあ暴落したらしたで売ればいいだけですし、暴騰すれば買えばいいだけですよね。
その点デイトレは気楽と言えるのかもしれません(´ω`)

本当に金曜(厳密にはナイトセッションからだけど)になったら下がってきました。
と言ってもたまたまかもしれませんし、とりあえずデイトレなので売っていくだけですね。

とはいえ、現在下落もいったん落ち着いたような感じで横ばいになっています。
狙うなら横ばいから解き放たれて下落が再スタートするタイミング、あるいはその後の小さな戻しを狙うことになりそうです。

私は今日は病院デーなので参加できません。
また手術を受けてきたいと思います…( -_-)

寄り後の方針

売りを考える。横ばいから再スタート後を待つ。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

エントリーの判断

(1)
(2)
(3)

売買の判断理由

(1)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:


(2)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: