日経225先物 2020年9月9日のトレード

一応流れとしては下なのでしょうけど。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

60-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:3波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23310
前日安値:22920
60PB:23620 23460 23390 23370 23310 23270 23050 22970 22820 22560

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23010
CME引け:23030

2020年9月9日(水)のシナリオ

寄り前の状況

トレンド自体はあまりきれいには出てませんが各分足とも75MAの下側にいて、全体的な流れは下かと思います。

デイトレとしては一応売りを考えながら見ていこうと思います。
今5分足は青2の途中なので売るとすればこの後戻しが入って青3狙いになりますね。

ただSQが近く端数の約定も多いので別に無理してトレードする必要はありません。
よほど仕掛けたい形になるまでは様子見ですね。

寄り後の方針

一応売りを考えつつの様子見重視

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

8:59 低く寄せて前日安値を試すような展開になっています。
動きとしては悪くないと思います。
このまま安値を突破して更に下がれば戻り売りも良さそうですね。

9:36 下がりきれず、また約定も端数ばかりになっています。
動きにも乏しくなっており、何もしないことが最善手であると判断しました。
ということで以降様子見重視にします(・_・)

10:39 前日安値を割り込んできたので戻りを待って売りたいんですが、ここまでの過程ですでに5分足は青3付けてます。
次は青4狙いになる&今はとくに流れがキレイでもなんでもないので仕掛けるのに無ているのか?ってのがあります。

11:41 5分足が上昇波動・下落波動に小刻みに変わる展開になってます。
これだとトレードはできないので、今日はもうおしまいにしたいと思います。

SQ通過するまでおそらくノートレードでしょう( ´Д`)

お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)10:40の足の22880から22950を経て11:10の足の22910割れを売る
(2)
(3)

売買の判断理由

(1)10:40の足の22880から22950を経て11:10の足の22910割れを売る

  • 60分足:下降トレンドの下落波動
  • 15分足:3波動目
  • 5分足:青3
  • B値幅:-60+28
  • 支持抵抗:5-25MA
  • 大きな流れ:下
  • 当日のトレンド:下

前日安値を割り込んで5分足の調整から下落再開という場面。
まだ下落が続くと考えるのであれば売るのはありだと思います。

がずっと5-25MAに沿うような形で推移していて、ここが本当に仕掛けの抵抗帯として機能してるのか?って印象を受けました。

端数約定もでまくっててあまりいい状況でもないので無理せず見送りました(・_・)


(2)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: