日経225先物 2020年11月10日のトレード

昨晩のナイトセッションは凄い上昇でした。
しかし様相は大きく変わっています。ジュリアーニ氏が不正の証拠を突きつけたのが大きく影響してるんでしょうか(しらんけど)。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド (重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断

60分:上昇トレンドの下落波動
15分:2波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:25900
前日安値:24540
60PB:25900 24380 24080

支持抵抗(弱)
ナイト引け:25570
CME引け:25440

2020年11月10日(火)のシナリオ

寄り前の状況

ジュリアーニ氏の件はとりあえずググってもらうとして(日本の報道機関()は機能してないので海外ソースを探る必要があります。)、現在60分足は上昇トレンドの下落波動中。
大きな上昇の後の調整となっています。

しかしチャートを見るとまず5分足が明らかにおかしい。
すでに崩れてしまって60分足の調整波動にしては随分おかしな感じになっています。
15分足も横ばいから崩れてしまってちょっと上昇トレンド継続にしては怪しいような感じですね。

ただ、それでも60分足の上昇がかなり強烈だったのでこれらの動きをもって上昇トレンドが終わったと判断することは出来ません。
私は頭の片隅で終わったんじゃないかなぁ?と思ってるんだけどまだなんとも言えないんですよね。

デイトレでは60分足の調整が終わって上昇波動に戻った後の買いを考えていきます。
とはいえそれにはかなり大きな動きが出ないと今の崩れてしまった雰囲気が払拭されないと思います。

まずは最低でも5分足が75MAの上に戻ってきてからという感じでしょうか。

寄り後の方針

60分足の調整が終わるまで待機。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

9:15 チャートが崩れているように見えつつも60-25MAで支持されているようにも見えます。
もしここを割ったら60-75MAに到達するまでの間のどこかまで調整になってきそうなので売りを考えていきたいと思います。

10:30 60-25MAで受かっているのか、それとも割り込んでいるのか微妙で分かりにくい状況です。一応15-75MAでは割り込んでいるので支持になってないのかもしれません。

11:40 ここに来て更に下がってきました。昨晩9時半のNY市場が開いた後の棒上げ部分をほぼ打ち消してますね。
これはナイトセッションで今日も大きく動きそうです。

ということで日中はここで一旦閉めて、またナイトセッションで時間を見つけて参加してみようと思います。

それではお疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)
(2)
(3)

売買の判断理由

(1)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:


(2)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: