日経225先物 2020年5月18日のトレード

CMEのサイトデザインがガラッと変わっててびっくりしました。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス(重要はPBも下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
MA 上昇トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】5 15
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

60-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの上昇波動
15分:3波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:20180
前日安値:19820
60PB:20620 20560 20490 20410 20360 20320 20280 20180 20140 20130 20030 20010 19870 19850 19820 19710 19610 19350

支持抵抗(弱)
ナイト引け:20010
CME引け:20020
チャートの尖ったところ:

2020年5月18日(月)のシナリオ

寄り前の状況

CMEのサイトデザインが大きく変わってびっくりしました。
デザインを今風にするのもいいけど、
CMEは中華資本が入ってから明らかにそれまでに比べてサイトが不安定になったので、
もう少し安定性にも気を配って欲しいところです(´・_・`)

さて、デイトレですが、通常のPBでは60分足の波動と15分足の波動が重なっていてこれはトレンドが弱い時によくあるパターン。
重要なPBは下降トレンドなので一応売りで良いとは思いますが、あんまり積極的に仕掛ける状態でも無いのかなぁという印象です。

その証拠?に全体的には下降トレンドなのは間違いないんだけど、5分足や15分足は75MAの上下をうろうろするばかりでこれと言った流れが出てないですよね(´・_・`)

とりあえず売りを考えつつもなんか大きな動きが出るまでは様子見重視で臨みたいと思います。

寄り後の方針

一応売りを考えるが様子見重視。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

売りには程遠い状況になってくるので様子見

ギャップダウンで寄った場

5-75MAの下にどんどん離れていく動きが出れば戻りを待ってから売る。

あまり大きな下落に向かわなければ無理して売らずに様子見重視。

トレード内容

場中の印象

9:22 60分足は高値切り上げ安値切り上げの上昇トレンドになっています。
しかし価格は75MAの下側で、なおかつ短い時間軸の足もそこまでどんどん上がるって感じに今の所なってません。
一応買いを考えてはみますが、直近の60分足の波動が小さすぎて信頼できるのか?っていう気もするので、上昇トレンド転換自体がダマシかもしれない(・_・)

11:15 ようやく寄り付き30分の高値を超えてきました。
ここからガンガン上がればチャンスも来そうですが…。

11:16 なんで動かないかというと日足の75MAと25MAで今争ってるからですよね。
この後どちらのMAが勝つのか決まってくればまた動いてくるんじゃないでしょうか。
普通は75MAが勝つ可能性が高いですが…。

12:55 結局じわじわ上がったもののあんまりデイトレに向いたような感じでも無かったような気もします。
後から見れば買えそうなポイントがあった風にも見えますが、後付ならなんとでも言えますしねえ( ´Д`)

という事で今日は引き上げます。
お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)
(2)
(3)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

(2)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: