FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年1月11日

ドル円は円高方向に向かっていますが少し調整の様な形になっています。

スポンサーリンク

USD/JPY 2018年1月11日(木)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは1月11日(木)17:33ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【日足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

ドル円は円高方向に強い流れが出てきていますので、戻り売りを考えていこうと思います。
現在全てのチャートで下落波動であり方向性が揃っています。
まずは15分足の調整を待ってから売りですね。

前日を振り返る

15分足の調整から売るというシナリオでしたが、戻りから売っても下落が芳しくなくロスカットになるような展開でした( -_-)
一気に下がったので戻りを売らずに様子見した方が良かったかもしれませんね。

今日のシナリオ

ドル円は円高方向の流れが短い足の方から一服して、現在は円安方向に戻しています。

4時間足はまだボトムが決まっていないので仕掛ける方向性としては売りなんですけど、かなり下落波動が大きくなっているのでここから安易に売らないほうが良さそうです。

もし売るとしたら60分足の調整が75AMまでの間で終わって下落に転じた後の15分足の調整を待ってからとなりますが、無理して売らずに4時間足のボトム確定→調整→調整完了から下落再開まで待ったほうがいいかもしれません。