FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年1月13日

ドル円は円高方向の流れが継続。戻す動きが出てこないのでまだ底が見えないですね。

スポンサーリンク

USD/JPY 2018年1月13日(土)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは1月13日(土)19:33ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【日足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

60分足の調整に入っています。昨日と似たような状況ですが、どうも既に60分足の下落波動に入っているような形になりつつあります。

したがいまして、今日もこの後60分足が下落波動に戻った後の15分足の調整を待ってから売っていくシナリオにしたいと思います。

前日を振り返る

60分足の調整が完了し下落再開したあとの15分足の戻しを待ってから売るというシナリオでした。金曜日の17時過ぎごろにタイミングが来て売りのチャンスだったんですが、その後40銭ほどしか下落せずイマイチな感じでしたね(´・_・`)
仕掛け自体は間違っていないけど展開はダメという感じでした。

今日のシナリオ

60分足が下降トレンドの下落波動に戻った後さほど伸びずに下落終了→高値上抜きのトレンドレスになっています。
4時間足はまだ底打ちしていませんが、どうやらそろそろ一旦調整になりそうな可能性が出てきました。

ただ下がり続ける間は売らないといけないので、もしもこの後60分足が再度下降トレンドになれば戻りを売っていきます。

もしも上昇して4時間足の底打ちになった場合は応用の買いもありかなぁという感じです。