FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2017年10月21日

ドル円は高値をつけたまま引けています。
来週は更に上伸となるのか、それとも日本の選挙終了でなにか動きが出てくるのでしょうか(・_・)

スポンサーリンク

USD/JPY 2017年10月21日(土)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは10月21日(土)18:55ごろ(金曜引け時点)のものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

ドル円は高い状態のまま引けていて、週明けは更に上昇が期待できそうな感じですね。

一方日曜日に日本で選挙があって週明けはその結果が出ている状態です。

普段は

ニュースは相場に不要。テクニカル分析だけ見とけばいい。

というスタンスなんですが、こと選挙に関しては終了後に相場付きがガラッと変わることがあるので気にしてます(・_・)

というのも、選挙の時って「現政権になって株価がこれだけ上がったんです」「年金の運用額でこれだけ利益が出ているんです」って言いますよね。
そして、そこが結構なアピールポイントだったりします。

なので衆議院解散が発表後ないしはそうなりそうになった時点から株価がガンガン上がることが多いです。そしてドル円も引きずられて円安方向に振れることが多い。
今回の上昇もその一環だと私は思っています。

で、株価が上がったんですの話に戻ります。
上がるって事は自然発生的に上昇するか人為的に上昇させるかという大きく2つに別れるわけですが、
人為的に上昇させる、つまり某かの組織なり団体が大量に買い上げて株価を高く誘導すると仮定しましょう。

その場合、政権任期スタート時点で高い位置から政権末期にかけて更に高い位置に持っていくよりは、
政権発足時に低い位置からスタートあるいは、発足後一旦低く落としてそこから次の総選挙までに買い上げて高く持っていくほうが楽ですよね。

任期開始から任期終了時にかけけ株価が下落しているという事態は絶対に避けないといけません。
自分の任期中に株価が上がったという実績が欲しいわけなんですね(・_・)

というような事もあり月曜日の動きにはとても注目しています。

デイトレとしては買いを考えますが、しばらく様子見ですね。

なおここで書いたことはただの妄想かもしれないし、そうじゃないかもしれません。気になる方は解散日と投票日後の動きを分析してみてはどうでしょうか(・_・)