FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2017年7月10日

昨日の分析でドル円相場の今週のポイントは日足の高値を越えることだと書いたのですが、早速その価格を突破にかかってますね。

今週のドル円相場は、日足の前のピークを越えることができるかどうかがポイントになりそうです。 USD/JPU 2017年7月9日(日)の分析...
スポンサーリンク

USD/JPU 2017年7月10日(月)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは7月10日(月)15:30ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

FX ドル円 トレードのシナリオ

ドル円相場は昨日分析を書いて以降は力強く上昇になったようです。
これを書いている時点で日足の前のピークを突破にかかっていて、勢いを考えると突破する可能性が高そうな印象です。

日足の高値を超えることで日足のトレンドが重要なPBで下降トレンド→通常のPBで上昇トレンドへと変化します。しかも価格はMAと大きく乖離して上側なのでこれは強トレンド発生になりそうですね。

各分足のチャートですが15分、60分、4時間ともに3本のMAが右上がりでとても綺麗な上昇になっていますから、買いだけを考えれば良い場面です。

とはいえ今はすでに各分足とも長い上昇波動の途中なので今から追いかけて買うのは無理そうです。
ここは15分足の調整が発生するのをまず待ちたいと思います。
ただし、60分も4時間も上昇が長くなっているので15分の調整で終わらずに60分足の調整、あるいは4時間足の調整にまで突入する可能性が高いと思います。
ですので、もしも15分足の調整から買いを狙っていく場合も枚数は控えめにして利確も固定利確でさっさと降りた方が良いと私は思います(・_・)

大きな波に乗るのは、また長い足の調整が進んで再出発になってからにしましょう。