FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2017年9月13日

ドル円は日足でのボトムが決まり今は下降トレンド中の上昇波動という事になりました。
そして調整にしては戻しが強いのでこのままトレンドレス→重要なPBで上昇トレンドに向かうのかどうかがポイントになります。

スポンサーリンク

USD/JPY 2017年9月13日(水)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは9月13日(水)16:54ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 加工トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【日足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

4時間足は上昇トレンドの上昇波動中。随分と長い間上昇が続いていますね。
15分足を見てみるとMAの下に出てきて下降トレンドになっています。
60分足も長い上昇波動が終わって下落波動入り。

4時間足の方向に仕掛けるのがセオリーなので今は60分足の調整完了待ちという感じですね。
この後調整が終わってから再度上に向かったときに買いを検討したいところです。

一方、4時間足はそろそろピークを付けても良い頃合いでもあります。
60分足の調整の勢いが強くて4時間足の調整に移行するようであればそれなりに下落があっても良さそうですので売りを考えても良いかもしれません。

いずれにせよこの後の60分足の動き次第といった感じになると思います。