FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2017年9月18日

ドル円は日足の75MAをあっさりと突破していきました。
なかなか強い動きになっています(・_・)

スポンサーリンク

USD/JPY 2017年9月18日(月)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは9月18日(月)18:10ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

FX ドル円 トレードのシナリオ

日足の75MAがあまり抵抗にならずにあっさりと突破。
日足は重要なPBで上昇トレンドの上昇波動が継続となっています。

4時間足を見てみると75MAにタッチしてその後は急上昇。そのまま上昇が続いていますね。

上がっている以上はデイトレードとしては買いを考えていきます。

現在15分足は上昇波動になっていますのでこれが終わって調整に入るまでは待つしかありません。
前回15分足のボトムをつけたのは25MAのところなので、次もこのパターンを踏襲できるかをまず見ていきたいと思います。
そこで止まらなければMAの中間線や75MA、過去のピークボトムを見ていくわけですが、今回の場合前の15分足ボトムが現在地に近いので、あまり深押しすると上昇が怪しくなってきます。

この後15分足であまり上がらないうちから下がってピークを付けた場合は、25MAのところはまだ良さそうですが、それより押し込んできた場合はちょっと気をつけたほうが良いかもしれません(・_・)