FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2017年9月6日

ドル円チャートは下落に勢いが出ています。このまま直近安値の更新まで持って行けるでしょうか?

スポンサーリンク

USD/JPY 2017年9月6日(水)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは9月6日(水)18:00ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【60分足】
ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【日足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

注目したいのは日足の上昇波動が短期で終わって正式に下降トレンドに転換した点ですね。
セオリー通りに動くのであればこの後更に大きな下落に繋がってくるはずですが、果たしてそうなるでしょうか?(・_・)

デイトレードとしては4時間足が現在下落波動中なので売りを考えます。
下落時間も値幅も大きくなっているのですが、4時間足の前のボトムに接近しているので、ここでボトムの価格を下抜けずに上に動き出すとまたおかしな空気になってきます。
というわけで、売り方としてはここはそのまま安値を更新しておきたい場面なんですよねえ。

ですので短い足の戻りを待って売っていく作戦にしたいと思います。
が、肝心の15分足がMAの上に出てきそうな感じでタイミングが取りにくくなっています( ´Д`)
この後15分足が75MAの上に出ずに下落再開となれば戻りを待ってから売り。
もしもMAの上に出てきた場合は60分足の調整になるのでその調整が終わるまで様子見としたいと思います。