FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2017年7月4日

昨日は、4時間足の高値更新に乗りたいというシナリオに沿った動きになりましたが、今はその上昇も終わってしまったような感じになりつつあります(・_・)

スポンサーリンク

2017年7月4日(火)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは7月4日(火)15:45ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

FX ドル円 トレードのシナリオ

4時間足の上昇が一旦終わって調整に入った可能性があります。ここ最近の流れを見ると4時間足チャートは25MAからMA中間線付近まで調整しそこから再上昇するパターンが続いています。
目先は4時間足が調整するのだろうと考えれば売りも有りだと思います。
ただその場合も15分足チャートなどでは既に大きな下落が続いているのでここから乗っていくのは難しそうですね(´・_・`)
ですので4時間足が底打ちするのを待ってから買いを考えると言う作戦が1つ。

一方、4時間足を見てみると短い調整から上昇再開して高値更新したのに意外と早く終わったんだなあという感じもします。
となると今の調整が調整で終わらずトレンド転換に向かうかも知れません。
このシナリオを採用するのであればより積極的に売っていきたいところですが、せめて4時間足の前のボトム111.7240を割り込んでからにしたいと思います。
そしその場合も4時間足の75MAが近いので本当に売っても大丈夫かどうかはその時の状況を見ないとなんとも言えないですね(・_・)

以上から今日は売り買いどっちともあまり状況が良くないので様子見で良いんじゃないでしょうか。