FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年6月18日

週明けのドル円は4時間足の下落波動に入ってしまいました。直前の上昇はあまり伸びずに終わってしまいましたね。
スポンサーリンク

USD/JPY 2018年6月18日(月)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは6月18日(月)18:33ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ 重要なPBで下降トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

4時間足は一応上昇波動なんですが、すでに価格としてはそこそこの値幅で目先のピーク値から下がってきています。

現在60分足の下落波動になっていますからこれが上昇波動に戻らないと買うことはできません。

とりあえず買いを考えながら待機にして、売りを考えるのは60-75MAと前のボトムを割ってきてからですね。

前日を振り返る

買いを考えるような展開になりませんでした。
売りに関しては一応条件をクリアして今日の16時半ごろに15分足の調整から売れる形になりました。
が、一応売りというのは反トレンド方向なので別に見送りでもいいと思います。

今日のシナリオ

4時間足は上昇トレンドの下落波動中。
売りを考えるか様子見ということになります。

売ってもいいですが、15分足を見るときれいに75MAで跳ね返されて下がるパターンが連続していたのに、これを書いてる直近に25MAで支えられて、これはトレンド転換するんじゃないか?って動きになってるんですよね。

であるならば4時間足のボトムが決まって上昇波動に戻る動きに繋がるかもしれませんので、買いに備えて待機しておこうと思います。