FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年7月26日

ドル円は結局4時間足が25MAで止められて下落再開。
もっとスパッと動いてくれればやりやすいのですが、まあそう旨くは行きません。
スポンサーリンク

USD/JPY 2018年7月26日(木)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは7月26日(木)18:05ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

60分足のボトム下抜きで4時間足の下落波動再開と考えるーと昨日は考えていたのですが、結局その後まだ4時間足のピークが正式に決まっていません( ´Д`)

動きもなんだか抵抗帯に当たってバチンと跳ね返されるような感じじゃ無いんですよねえ・・・。

基本的には売りを考えますが、4時間足のピークがちゃんと決まってから売るようにしたいと思います。
それまでしばらくは様子見ですね。

前日を振り返る

4時間足のピーク確定後を待ってから売るというシナリオでした。
昨晩22時過ぎに60分足が安値下抜きの下降トレンドになってことを持って4時間足のピーク確定であろうと仮定することができます。
ですのでその後の15分足の調整を待ってから売ることになるわけですが、0時前のところと2時過ぎのところ、そして今朝7時前のところなどが仕掛けポイントですね。
この時間帯に場を見ているかどうかという現実的なところはひとまず置いておいて、これらのポイントは比較的仕掛けやすかったような感じですね。
ただ、7時前のところはその前にピークが15-25MAタッチで続いていたというパターンが崩れてしまっているので心理的にちょっとやりにくかったかもしれません(´・_・`)

今日のシナリオ

引き続き売りを考えます。
15分足の調整に入っていますのでこの上昇波動が終わって下落に戻ったタイミングを狙いたいと思います。