日経225先物 2018年7月26日のトレード

225先物は60分足が上昇トレンドに転換して価格は75MAの上側を保っています。
しかしMAに傾きがなく今ひとつ流れの強さというのは感じられないですねえ。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中5 60 日通し5 60
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:3波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22650
前日安値:22490
60PB:

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22600
CME引け:22610
チャートの尖ったところ:22850

2018年7月26日(木)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は重要なPBで上昇トレンドですが、今ひとつ勢いがない状態。
PB図を見てみると、直近最安値22310のボトムの1つ前のピーク22740を超えるまではトレンドレスあるいは下降トレンド継続と考えたほうが良いのかもしれません。
その1つ前のピークになってない22850もポイントになりそうですが。。。

方針としては様子見にしたいと思います。
前日高値を超えてくれば上昇傾向が続くと判断して買っていこうと思います。

寄り後の方針

様子見

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

前日高値22650を超えてくれば上昇継続と考えて買っていく。

ギャップダウンで寄った場合

22490を下回らない限りは様子見。下回ってきたら60分足が重要なPBで下降トレンドになるので売りを考えていく。

トレード内容

場中の印象

8:50 少し高く寄りましたが一気に上昇ということにはなってません。
観察を続けます。

9:59 なんかよくわからない動きになっていてデイトレには全く向いてない感じですね( ´Д`)
こりゃ今日もダメですかねえ。

12:23 PCの調子がおかしくてずっと修正を試みてました。
暑さのせいなのかしら・・・( ´Д`)

ということで場を全然見られていないんですが、どうやらグダグダの動きが続いてるみたいですね。

これもしかしてお盆が明けるまでもう動かないつもりなのかしら・・・( -_-)

12:42 13時まで見て動かないなら今日は終了にします。暑くてやっとられんですよ( -_-)

13:13 動きが無いので終了にします。お疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: